VIO脱毛が一般的になってきていますが、VIO脱毛とはどんなことをするのかわからない人もいるでしょう。

この記事では、VIO脱毛とは何かVIO脱毛の範囲や効果メリット・デメリットについてまとめました。

自宅で行うVIOの処理方法やVIOのセルフ脱毛のリスクについても紹介しているので参考にしてください。

VIOってどの部分?VIO脱毛の範囲を詳しく知りたい!

Vラインの範囲はビキニライン

VIO脱毛の「Vライン」は、「ビキニライン」と呼ばれることも多い部位です。

水着やショーツを着用したときに、正面から見てアンダーヘアがはみ出してしまう部分と考えると分かりやすいでしょう。

Vラインは面積に対して毛量が多いため、脱毛ではさらに細かく範囲が分けられていることがほとんどです。

サロンによってもVラインの範囲の分け方が異なりますが、普段あまりなじみがないものに、「Vライン上」、「トライアングル」といったパーツ設定があります。

Vライン上

「Vライン上」とは、Vラインの中でもショーツの上辺からはみ出している部分を指します。ローライズショーツなど、股上が浅い下着からはみ出すのを防ぐため、処理する人も多い部分です。

毛量が少ない人だと普段は気になりにくいため、この部分は脱毛を希望しない人もいます。

しかし、Vライン上を残したままVラインのサイドを脱毛すると、アンダーヘアが縦長になりすぎて、バランスが悪くなることがあります。

そのため、最初はVライン上は脱毛しないつもりでいても、あとから脱毛したくなる人もいます。

Vライン上を脱毛するかどうかは、現在ムダ毛が目立っているかだけでなく、仕上がりのバランスも考慮して判断するとよいでしょう。

トライアングル

「トライアングル」と呼ばれるのは、Vラインの中心部分で、ビキニで隠れる部分です。

水着や下着からはみ出ることは少ないですが、完全にツルツルのハイジニーナなど、デザインによってはこの部分も脱毛することになります。

また、逆三角形など普通の形に脱毛する場合も、毛を残す部分の毛量を薄くしたり、毛質をやわらかくするために、何回かトライアングルまで照射するケースが多いです。

Iラインは足の付け根、足の間の範囲

「Iライン」は足の間の、ショーツのクロッチが当たる部分です。この部分の毛がなくなると、生理中のムレや臭いが軽減されるので、主に衛生目的で脱毛する人が多いです。

さらに最近は、介護を経験した人が、自分が介護される番になったときのことを考え、排泄介助の負担を減らす目的でIラインを脱毛するケースも増えています。

Oラインはヒップ奥

「Oライン」または「ヒップ奥」と呼ばれる部位は、肛門周りを指します。

女性の場合は特に、肛門周りに毛が生えているとイメージダウンに繋がるとされるため、見た目のコンプレックスから脱毛する人が多いです。

その他にも、トイレのときにここに毛があると、汚れを拭ききるのが難しいという事情もあるので、衛生のために脱毛する人も少なくありません。

自宅でVIO脱毛するには?デリケートゾーンの自己処理の方法

Vラインの自己処理方法

Vゾーンは、各サロンやクリニックによって脱毛範囲が異なりますし、希望するデザインによっても処理する範囲は異なってきます。そのため、事前に脱毛できる範囲や自己処理が必要な範囲について確認しておいた方が良いです。

ただし、ハイジニーナを希望する以外の人も初回、あるいは初めの数回は形を作らずに全剃りしていき、全照射してもらうと境目が馴染みやすく自然な仕上がりになります。

Vラインの自己処理はハサミで毛の長さを2㎝以下にカットしてから剃ります。剃る前に蒸しタオルを当てると毛と肌が柔らかくなってシェービングしやすくなり、肌への負担が軽減できます。

剃る時は毛の流れに沿ってシェーバーを動かしてください。ムダ毛の長さが2㎜以下に剃れていれば問題なく施術できます。自己処理後は乾燥を防ぐために保湿を怠らないでください。

Iラインの自己処理方法

Iラインは自分では見えないので鏡を使って処理します。やり方は3つあり、1つ目がイスなどに片足を乗せて覗き込むように処理する方法です。2つ目が鏡を床に立て、鏡の前で体育座りの状態から足を左右に開いてM字になるようにする方法です。

この2つのやり方では見えにくい場合は、床に鏡を寝かせて鏡の上にしゃがみこむと見えやすいです。

処理をする前はIラインをきれいにしておく必要があります。また、毛は温めることで柔らかくなり剃りやすくなるため、温めと洗浄が一度にできる入浴後に処理するのがおすすめですが、おしりふきでケアした後蒸しタオルで温める方法もあります。

清潔にしたら鼻毛用のハサミを使い3~5㎜程度の長さにカットしてから毛の流れに沿って剃るようにしてください。皮膚がたるんで剃りにくい場合は、空いている手で軽く皮膚を引っ張ると剃りやすいです。終了後は肌を冷やしてから保湿するようにしてください。

Oラインの自己処理方法

OラインもIライン同様、自分では見えないので鏡で確認しながら処理します。

床に鏡を寝かせて、和式トイレにまたがるように鏡にまたがり、しゃがみ込みます。見えにくい場合は拡大鏡を使うなど工夫してみてください。

処理をする前は肛門周りをきれいにする必要があります。毛と肌を温め柔らかくしておくと肌に負担がかかりにくいので、お風呂上りに行うと衛生的でおすすめです。

シェービングは毛の流れに沿って行い終了後は保湿を忘れずにしてください。

VIO脱毛を自宅でするのはリスクが大きい?VIOを綺麗にするための方法とは

悪いところだらけ!VIOのムダ毛処理のNGな方法

カミソリの処理は色素沈着や肌荒れの原因に

VIOラインは凹凸が多く、しわも多く自分では見えにくい部位です。そのような部位で、むやみにカミソリを使用してしまうと切り傷を作ってしまうリスクが高いです。

また、カミソリで処理しても、約2~3日経つとまた毛が伸びてきてしまいます。そのたびに毎回処理をするのは大変ですし、自己処理を頻繁に繰り返すのは肌への負担が大きく黒ずみなどの色素沈着の原因になってしまったり、雑菌が入り込んで化膿して肌荒れしまったりしまいます。

カミソリで剃ると、毛の断面が太くなってしまいます。そのため毛が伸びてくるとチクチクしやすく、デリケートゾーンのかゆみや不快感の原因になります。

毛抜き処理は毛嚢炎や埋没毛の原因に

毛抜きでの処理は時間と手間がかかる反面、カミソリで処理するよりも毛が生えない期間が長いので多くの人がやっています。

しかし、毛抜きで抜いた後の毛穴は傷ついており雑菌が入りやすい状態です。雑菌が入ると毛嚢炎の原因にもなり、デリケートゾーンのかゆみや痛みに繋がります。

また、毛抜きで無理やり毛を抜いてしまうと毛穴が閉じて、新しく生える毛が埋もれてしまう埋没毛になる可能性もあります。埋没毛になると見た目が気になり、無理に毛を出そうと穿り返したりして炎症を起こしてしまう人が多いです。

除毛(脱毛)クリームは肌の角質まで溶かしてしまう

除毛クリームや脱毛クリームを使用した自己処理を行う人も多いですが、どちらも脱毛することはできません。そのため定期的な自己処理が必要になりますが、肌への負担が大きく危険です。

脱毛クリームや除毛クリームの成分には毛を溶かす成分がはいっているため、どんなに肌への優しさを考慮してあるクリームであっても、肌への肌負担が大きいです。この毛を溶かす成分は毛と一緒に肌の角質も溶かしてしまうからです。

手足などで問題なく使用できたとしても、皮膚が薄く、粘膜に近いVIOに使うのは感染症を引き起こす可能性もあり非常にリスクが高いです。

ブラジリアンワックスは皮膚を傷つけ毛嚢炎の原因に

ブラジリアンワックスは欧米で生まれたアンダーヘア専門の脱毛方法です。そのため実践した人もいるでしょう。しかし、肌の表皮が薄い日本人には負担が大きく向いていません

ブラジリアンワックスは肌にガムテープを張り付けて一気に剥がすのと同じような要領で脱毛するため、痛みも強いです。ワックスを剥がした時に出血してしまうケースや、毛嚢炎を起こしてしまうこともあります。毛が生えていない部分にもワックスは付着し、その部分の角質まで一緒に剥がれてしまうので負担がかかる範囲が広範囲にわたってしまいます。

自宅でセルフ脱毛したいのなら家庭用脱毛器が無難

家庭用脱毛器なら気軽に安く脱毛できる

どうしても自宅で脱毛したいのなら、家庭用脱毛器を使う方法が最も肌への負担が少ないです。自分の好きな時に自分のペースで脱毛でき、施術中の体勢も恥ずかしくないメリットもあります。

家庭用脱毛器の価格には幅があり、相場としては5~7万程度です。他の自己処理方法に比べれば値段が高いですが、脱毛サロンやクリニックで脱毛してもらうよりは安く済みます。しかし、カートリッジなどのランニングコストが高い脱毛器もあるので、本体価格で飛びつくのではなくコスパを考えて選ぶことをおすすめします。家庭用脱毛器で人気がある商品はフラッシュ式の物が多く、ケノンは口コミでも高い人気があります。

また、家庭用脱毛器でVIOを脱毛する際は、VIO専用のものやVIOゾーンに対応している機種であること、照射面積がVIOにフィットすることが重要です。出力が調整できるタイプのものを選べば自分に合った強さで脱毛できるので尚良いです。

ただし家庭用脱毛器の使用には照射漏れや火傷のリスクが

ただし、家庭用脱毛器はサロンの脱毛機に比べ照射口が狭いため、肌にまんべんなく当てることが難しく、当て漏らししてしまうことが多いです。特にVIO処理は体勢も不安定になるため照射漏れしやすくなります。

また、家庭用脱毛器は自分で出力調整をするので、適切な照射レベルに調整することが難しく、出力の加減を間違い火傷してしまうことがあります。特にVIOは見えづらく、粘膜にも近い部位のため、火傷の危険性が高いです。

VIOのようにデリケートな部位を安心安全に脱毛したい場合は、プロに任せる方が確実でしょう。

VIOをきれいに脱毛するならプロに任せた方が安心

VIOのようなデリケートな部分の自己処理で肌トラブルを起こさずにきれいに仕上げることは非常に難しいです。サロンやクリニックでプロに任せた方が肌トラブルを回避でき安心です。

サロンやクリニックは脱毛のプロが施術してくれるので、その部位にあった適切な照射レベルで施術してもらえます。ムダ毛も毛根から処理できてツルツルになれますし、脱毛を重ねるごとに自己処理の頻度が減るので、肌がきれいになります

万が一、肌トラブルが起きてもクリニックなら医師が常駐していてすぐに対応してくれます。サロンでも提携先の皮膚科を受診することができるので安心です。

痛くない脱毛方法を選びたい人はサロンの光脱毛少ない回数で短期間に脱毛したい人はクリニックの医療脱毛がおすすめです。

脱毛前の自己処理は電気シェーバー、ヒートカッターで行う

脱毛前には必ず事前処理を行わなければなりません。しかし、前述した通りカミソリや毛抜きなどの処理はNGです。事前の自己処理には電気シェーバー、もしくはヒートカッターを使いましょう。

電気シェーバーは肌表面の角質を削りにくいので肌への負担が少ないので安心です。V・Oラインにはフェイス用などのI字型の電動シェーバーが使いやすいです。Iラインには自分で剃りやすいように工夫されたIライン専用の電動シェーバーも市販されているので、持っておくと便利です。

チクチクするのが不快に感じる人はヒートカッターを使うと、毛先が丸くなってチクチクしにくいのでおすすめです。

毛をあらかじめ短くしておいた方がシェービングしやすいので、カットする際は鼻毛用のハサミを使うことをおすすめします。

1番安全な自己処理方法はシェービングサービスの活用

施術前の事前自己処理は、剃り残しがあると照射をしてくれない対応をされてしまうこともあります。しかし、中には剃り残しに対して、シェービングサービスを行ってくれるサロンやクリニックもあります

いくら完璧に自己処理をしたつもりでも、剃り残しが出てしまうこともあります。特にVIOは形が入り組んでいる上に、目視で確認しにくいので、自己処理の難易度が高い部位です。
特にI/Oラインは、自分では見えにくい上に粘膜もあるので、自己処理がかなり難しくなります。

慣れていて上手に剃れる人は自己処理でもよいですが、慣れていない人が無理に行うのは危険です。

剃り残しのシェービングを有料で行っているサロンやクリニックもありますが、無料で行ってくれるところもあります。同じサロンやクリニックでも、契約するコースによって無料になることもあります。剃り残しで毎回料金を払うのも避けたいので、無料サービスをしてくれるところがおすすめです。

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナム

ミュゼでVIO脱毛を受ける場合、ヒップ奥、つまりOラインの剃り残しについてのみ、シェービングを無料で行ってくれます。VIラインについては、剃り残し部分については照射してもらえないので気をつけましょう。

エピレ

エピレ

専用シェーバーを購入する必要がありますが、シェーバーを持参すると、VIO全体を無料でシェービングしてもらえます。
VIO脱毛が安く最初の2回はお試しキャンペーンでお得に脱毛できます。40年以上の脱毛実績を持つ、エステティックTBCの知識やノウハウが継承されたサロンです。

ディオーネ

ディオーネ

ディオーネのハイパースキン脱毛は高熱を使用しない、痛くない脱毛なので、痛みを強く感じやすいVIO脱毛をするのにはおすすめです。剃り残しのシェービングサービスについては、肌への負担が少ないシェーバーのフェリエを使用して無料で行ってくれます

アリシアクリニック

アリシアクリニック

アリシアクリニックでは、痛みの少ない脱毛機であるライトシェアデュエットを導入しています。痛みを強く感じやすいVIO脱毛も、施術のときに麻酔を使う人はほとんどいません。手が届きにくいOラインの剃り残しについては、無料でシェービングしてくれます。

リゼクリニック

リゼクリニック

リゼクリニックでは、シェービングの無料保証があります。ただし全く自己処理不要というわけではなく、剃り残しについては無料で対応してくれます。契約時には、強制ではありませんが写真撮影をするため、事前処理は不要ですが、施術に通い始めたら、自己処理をしていく必要があります。VIOは未撮影であっても、自己処理は必要です。

レジーナクリニック

レジーナクリニック

レジーナクリニックではシェービング代は無料ですが、基本的には自己処理を行っていく必要があります。剃り残しがあった場合、シェービングをしてもらう分、施術時間が短くなります。手が届きにくいOラインは無理にしなくても大丈夫ですが、できるだけ施術時間を長くするように、自己処理をして行きましょう。

VIO脱毛は何回で効果が出る?

効果を実感するまでサロンは約10回、クリニックは約5回

脱毛サロン クリニック
効果を感じ始める回数・期間 約5回
(約1年程度)
約3回
(約6か月程度)
自己処理が楽になったと感じる回数・期間 約6~11回
(約2年程度)
約5回
(約1年程度)
ツルツルになる回数・期間 約12回~18回
(約3年程度)
約8回以上
(約1年半程度)

自己処理が楽になったと感じるまで脱毛するにはサロンでは10回クリニックでは5回程度脱毛する必要があります。
サロンとクリニックでは圧倒的にクリニックの方が必要な回数が少なく済み、期間もクリニックは半分の期間でツルツルになれるので脱毛完了までが早いです。

ただし、毛量や肌質によって回数や期間には個人差があります。また、Vライン、Iライン、Oラインではそれぞれの部位によって効果の出方に違いがあり、部位によって必要な回数にも違いが生じてしまいます。

自分の希望するデザインや、脱毛の仕上がりによっても回数は異なってくるので、カウンセリングの際に事前に相談するのが良いでしょう。

VIO脱毛は回数無制限コースだと安心

VIOは部位によって必要な施術回数が異なりますし、デリケートな部位のため施術回数自体が多くなる場合があります。徹底的に脱毛したい人や、毛量が多い人は回数無制限プランがあるところの方が追加照射を繰り返すより安く済むのでおすすめです。

サロンでVIO脱毛の回数無制限があるのは銀座カラー

銀座カラー

銀座カラーは光脱毛で最も一般的なIPL脱毛を採用しているサロンです。

銀座カラーのVIOセットコースは女性のデリケートゾーン4パーツをまとめたコ-ス内容になっています。1年に最大8回通えるスピード脱毛で、回数無制限なので自分が納得するまで何回も通うことができます。

効果的に脱毛したいのならアリシアクリニック

アリシアクリニック

VIO脱毛がきれいに形を整える「ビューティ」と、Iラインの際まで照射できる「スムース」の2コースから選べます。脱毛回数は5回、8回、脱毛し放題があり、毛量が多く追加照射が心配な人やハイジニーナにしたい人にもおすすめです。

痛みの少ないダイオードレーザーのライトシェアデュエットで脱毛するので、ほとんどの人がVIO脱毛でも麻酔なしで脱毛できます。

VIO脱毛はお試し体験してからがおすすめの理由

お試しすることで効果の出方や自分が耐えられる痛みの程度がわかる

脱毛の効果の出方や、自分はどの程度の痛みまでなら耐えられるのかを確かめられるのがお試しをするメリットです。

VIOはデリケートで痛みを感じやすいため、他の脱毛部位では全く痛みを感じなくても「VIOは痛すぎて脱毛を中断した」という人は多いです。しかし、「痛みに弱いからレーザー脱毛は無理そう。サロンで脱毛する」という選択肢はおすすめできません。

VIO脱毛体験をするならば最初にクリニックで体験する方がおすすめです。クリニックは医療機関だからこそ、麻酔を使って痛みを和らげることができるからです。麻酔して痛みを感じなければ、レーザーの威力を保ったまま施術できるので効果が高いまま脱毛できます。

もし、麻酔を使ってみても痛みを強く感じてしまうようであれば、サロンを選択する方が痛みの程度や効果も比較できるので賢いと言えます。

また、お試しせずにクリニックで契約してしまい、途中で断念してしまっては高額のコース料金が無駄になってしまいますし、初めからサロンで契約して全く効果を感じられないまま回数だけを消費してしまうという事態も避けることができます。

VIOは施術の光を吸収しやすい部位のため痛みを感じやすい

脱毛は毛の黒色のメラニン色素に反応する特殊な光を当ててダメージを与えていく仕組みです。そのため毛が濃く黒いほど熱を吸収しやすいです。

VIOは太く濃い毛が密集して生えているため、熱を一度に吸収する面積が広く、痛みを感じやすいです。

色素沈着は光を吸収しやすい

脱毛は黒色のメラニン色素に反応しますが、肌に黒ずみなどの色素沈着があると、その部分にも光が反応してしまい痛みを感じたり、火傷の原因になったりしてしまいます。

VIOはショーツの擦れなどによって色素沈着している場合が多い特殊な部位です。そのため光を吸収しやすい部分が多く痛みを感じやすくなってしまいます。

また、VIOの中でも特にIラインは皮膚が薄く、粘膜部分に近いため非常にデリケートです。痛みを感じる部分ではなかなか照射の出力を上げることができず、1回1回の効果が薄くなってしまい、施術回数も多くなってしまう傾向があります。

脱毛サロンよりもクリニックの方が痛みを感じやすい

サロンとクリニックの脱毛方法は毛の黒色のメラニン色素に反応する特殊な光を毛根に当てダメージを与えていくという基本的原理は同じです。双方の違いは使用できる脱毛機器の威力にあります。

クリニックで行っている医療脱毛ではレーザーを使用しています。レーザーは毛根組織を破壊できるほど威力の強いものです。毛根組織を破壊している分毛の再生率も低く、1回の脱毛効果が高いため永久脱毛に近い効果を得ることができます。しかし、威力が強い分痛みも強いです。

毛根を破壊する行為は医療行為のため、医療機関でない脱毛サロンでは毛根にダメージを与え弱らせていく減毛・抑毛という方法で脱毛施術を行います。そのため1回の効果が薄くなり脱毛回数が多くなってしまいますが、痛みは弱く肌に優しいです。

VIO脱毛が格安でお試し体験できるおすすめ脱毛サロン

サロンでVIO脱毛するならジェイエステがおすすめ

以下の表にVIO脱毛体験できるサロンの料金と脱毛できる回数と脱毛範囲を示しました。

サロン 価格 回数 範囲
ミュゼ
(両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース)
100円 無制限 Vのみ
ミュゼ
(Vライン美容脱毛完了コース)
3,600円 無制限 Vのみ
プリート 5,000円 1回 VIO
ジェイエステ 5,000円 2回 VIO
ディオーネ 5,400円 1回 VIO
エピレ 6,000円 2回 VIO

他のサロンのお試しプランと比較してみると、VIO全体を脱毛するならジェイエステが2回脱毛を体験でき、料金も安いのでお得です。

また、Vラインのみを脱毛するのであればミュゼの初めての方限定のキャンペーンを利用して「ワキ+Vラインの美容脱毛完了コース」を契約するのが1番安いです。その他、月によって格安キャンペーンを行っているので公式サイトをこまめにチェックするとVIO脱毛キャンペーンやVIOが含まれているキャンペーンがでる可能性もあるでしょう。

VIO脱毛ならジェイエステティック

ジェイエステティック

VIO脱毛の体験プランが安く2回できるのでお得です。範囲もトライアングル上下、Vライン、Iライン、Tバックゾーンと広範囲です。

ただしOラインがTバックゾーンに含まれているため、自分が希望する脱毛範囲が含まれているか事前に確認が必要です。

Vライン脱毛するならミュゼプラチナム

ミュゼプラチナム

部分脱毛の料金が安く初めての方限定で「ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」が100円で通い放題のプランもあります。Vラインのみを脱毛したい人はそのコースを選ぶとどこよりも安く脱毛できます

その他、月ごとに行っているリーズナブルなキャンペーンも豊富です。

VIO脱毛が格安でお試し体験できるおすすめクリニック

クリニックでVIO脱毛するなら湘南美容外科がおすすめ

以下の表にVIO脱毛のお試しプランがあるクリニックの料金、脱毛できる回数と脱毛範囲を示しました。

クリニック 価格 回数 範囲
湘南美容外科
(ハイジニーナVIO脱毛/1回)
14,580円 1回 VIO
湘南美容外科
(ハイジニーナVIO脱毛/3回コース)
29,800円 3回 VIO
渋谷美容外科
(パーツ脱毛/Sパーツ)
2,500円 1回 Vのみ
渋谷美容外科
(エチケット)
28,000円 3回 VIO(すべて周囲)
トイトイトイクリニック 7,980円 1回 VIO
椿クリニック
(VIOデリケートゾーン脱毛/V)
9,800円 3回 Vのみ
椿クリニック
(VIOデリケートゾーン脱毛/V+I+O)
29,800円 3回 VIO
表参道スキンクリニック
(陰部/Vライン)
10,000円 1回 Vのみ
表参道スキンクリニック
(陰部/Iライン)
12,000円 1回 Iのみ
表参道スキンクリニック
(陰部/肛門周辺)
10,000円 1回 Oのみ

クリニックでVIO脱毛するなら湘南美容外科の3回コースがおすすめです。1回だけの体験で良い方はトイトイトイクリニックが最安値ですが、店舗が東京にしかありません。椿クリニックも同様の理由です。

湘南美容外科なら料金も比較的リーズナブルで、全国各地に店舗があるため通いやすいです。

湘南美容外科

湘南美容外科

脱毛料金がリーズナブルで、全国に店舗があるため通いやすいクリニックです。VIOは1回から脱毛できます。お試しなら3回コースを選択した方が効果の出方を実感しやすいためおすすめです。

脱毛範囲が広いためハイジニーナ脱毛を希望している人も同額で脱毛できます。レーザーの痛みが心配な人もテスト照射があるので安心です。

お試しをはしごすれば格安でVIO脱毛ができることも

VIO脱毛は他の部位に比べても脱毛回数が必要となる部位です。そのため1回のお試しではあまり脱毛効果を実感することはできません。ましてや、自己処理不要になるほどの効果を実感することは到底できません。

しかし、サロンでも3回4回と繰り返し脱毛していくと効果は確実に表れてきますし、クリニックで脱毛すればもっと少ない回数で効果は見えやすいです。

体験が終わるたびにいくつものサロンやクリニックの無料カウンセリングを受けるのは多少面倒に感じるかもしれませんが、少しでも安い価格でVIO脱毛したいのなら「お試しプランをはしごして料金を抑える」方法がおすすめです。

VIO脱毛をお試しする時に気を付けたいこと

脱毛できる範囲がどこまでなのかを確認する

VIOの範囲はサロンやクリニックによって異なります。範囲が細かく分けられているところもあれば、広く見積もっているところもあります。

「思っていたのと違った」となる前に、自分の脱毛したい範囲はどこまでなのか自分が希望するデザインにするにはどこまで脱毛すべきなのか無料カウンセリングに行った際に確認するようにしてください。

キャンペーンの申し込みは1回限り

サロンやクリニックのお試しプランの適用は1回位限りが基本です。そのため同じキャンペーンを申し込むことはできませんし、1度お試しプランを体験した場合は、他の部位であっても同じサロンやクリニックではお試しプランを申し込めない場合がほとんどです。

VIO以外の部位の脱毛も体験してみたい人は全身脱毛の体験プランがあるサロンやクリニックを選んだり複数の部位から何か所か選択して脱毛できるお試しプランがあるところを選ぶ方が良いです。

後悔しないVラインのデザインは?

ナチュラルなどの自然なデザイン

Vラインのデザインで無難なのは、ナチュラルトライアングルオーバルなどの自然な形のものです。

脱毛したことがバレにくくもともとの毛が少ないように見えるので、こうしたデザインを選ぶ人がもっとも多いです。

最近は海外セレブの影響で、完全に無毛のハイジニーナに憧れる人も増えていますが、実際にやっている人は国内ではまだ少ないです。

ハイジニーナの人口が少ない=世間一般の認知や理解も進んでいないため、男性から「遊んでいそう」と誤解されたり、温泉でじろじろ見られたりして後悔することになりがちです。

Iラインでツルツルにすると後悔するかも

Iラインのデザインについては、あまり深く考えず、「ムレないようにツルツルにしよう」と思いがちです。

ですが、Iラインを完全にツルツルにしてしまうと、正面から見たときに割れ目も見えてしまうケースが多いです。

Iラインを脱毛するときは、前の方を少し残すと、割れ目が見えてしまうのを防げます。

Vラインの毛に繋がるように残し粘膜に向かって少しずつ細くしていくと自然に見えるのでおすすめです。

VIO脱毛のメリット・デメリットは?

VIO脱毛のメリット

衛生的で清潔になる

VIO部分は、濃い毛が密集しています。特に女性のIラインは皮膚が重なり合っていることもあり、ムレやすく、かゆみの原因にもなります。汗をかく夏場は、不快な思いをしている人も多いのではないでしょうか。

生理中になると、経血が毛についてしまったり、分泌物が絡まってしまったりと不衛生になりがちです。生理のときの特有のにおいを防ぐのも、毛が生えた状態だと、念入りにしなくてはなりません。ただでさえ精神的にも不安定になるときに、余計な気は使いたくないものです。

VIO脱毛をすることで、ムレることがなくなり、かゆみやにおいが抑えられます。普段も衛生的で気分よく過ごせるようになりますが、VIO脱毛をした後は「生理中がすごく楽になった」と感じる人が多いです。

自己処理が楽になる

VIO脱毛をしていない人は、自己処理をすることになります。しかしVIOは見えにくくデリケートな部分なので、自己処理が難しいです。皮膚が薄いので傷つけてしまう可能性も高く、そこから菌が入ってしまうこともあります。

カミソリによる自己処理は、皮膚表面まで一緒に削ってしまうことになります。脱毛クリームは皮膚への刺激が強く、デリケートゾーンに使うのはNGです。また、毛抜きやワックスによる脱毛は、毛穴にダメージが出てしまい、毛嚢炎などになりやすいです。

VIOは毛が濃いので、自己処理をしていてもすぐに生えてきてしまい、生えてくると黒いポツポツが目立つので、頻繁に自己処理を繰り返すことになります。そのため、皮膚にダメージを与えるリスクが高くなり悪循環です。VIO脱毛をすれば、手間がかかる自己処理をする必要がなくなり、肌トラブルを回避できます。

黒ずみの解消に効果がある

ほとんどの人が、デリケートゾーンに色素沈着による黒ずみを起こしています。黒ずみは、皮膚にダメージを与えることで発生します。元々、VIOは下着の擦れなどで黒ずみができやすい部位です。

自己処理を繰り返して行うことで、肌への負担はさらに大きくなり、黒ずみがひどくなってしまいます。VIOの自己処理だけでも手間がかかるのに、黒ずみケアも同時に行うのはとても大変です。また、セルフケアでは、充分なケアができません。

プロの手によってVIO脱毛をしてもらうことで、自己処理の負担をなくすと同時に黒ずみの解消にもつながります。VIOの毛がなくなったことで、黒ずみが目立つようになったという口コミもありますが、自己処理による肌への負担がなくなることで、少しずつ黒ずみも薄くなっていきますよ。

いろんなデザインの水着や下着に挑戦できる

女性として生まれたからには、水着や下着のおしゃれも楽しみたいものですよね。でも、VIOの毛がはみ出していたら台無しです。
確かに、いくらお気に入りの水着・下着をつけてみても、毛がはみ出てしまったのではテンションが上がるどころか下がってしまいます。がんばって自己処理をしても、処理後の黒いポツポツが目立ってしまうこともあります。

VIO脱毛をすれば、毛がはみ出してしまうかもしれないという心配は不要になります。思う存分、下着や水着のファッションも楽しめるようになり、女子力もアップしますよ!

恋人からの好感度も高い

VIO脱毛をすることが、異性からどう思われるのだろうというのは気になるところです。心配なのは、VIO脱毛をしていることで、引かれてしまうのではないかということですよね。

しかし、今はVIO脱毛をしている人が増えています。アンダーヘアをまるで気にせず、ボーボーの状態でいる女性の方が、異性から引かれてしまうこともあります。実際に男性にアンケートを取ると、「恋人がアンダーヘアの処理をしてくれているとうれしい」という意見が多いです。

ネガティブな意見として、「男慣れしているようで、引く」というものがありますが、今時、VIO脱毛をしているから「男慣れしている」という考え方も時代錯誤ですし、本音かどうかもわかりません。でも、恋人に引かれないために、いきなりツルツルの無毛にしてしまうのは、よく考えてからにしましょう。

形を綺麗に整えられる

VIOの毛が気になる場合、自己処理をする方法もありますが、自己処理を完璧にするのは難しいです。肌を傷めて赤くなってしまったり、黒いポツポツが目立ってしまったりして、いかにも自己処理をしましたという感じになってしまうこともあります。プロによるVIO脱毛の施術を受ければ、希望の形も選べ、肌トラブルを起こす可能性も低いです。

VIO脱毛のデメリットは?

脱毛中の恋人の反応

デリケートゾーンの脱毛はこっそりと済ませたいものですが、VIO脱毛をする際に、恋人がいる人は相手の反応が気になりますよね。脱毛施術を受けるときには、事前の自己処理が必要なため、恋人に内緒で行うことは難しいといえます。

特にVIO脱毛を行う最初は、ハイジニーナ状態にしていくことがほとんどです。最終的にツルツルにしたいわけではなくても、最初は全体的に照射をしてもらったほうが、自然な仕上がりになるためです。

VIO脱毛中は、施術を受けても1回で終了になることはなく、生えかけで毛がチクチクする状態になることもあります。恋人には事前に、VIO脱毛をすることを相談しておかないと、驚かれてしまいます。

脱毛中が恥ずかしい

VIO脱毛の大きなデメリットとしてあげられるのが、施術を受けるのが恥ずかしいということです。VIO脱毛をする際には、VIOをスタッフに見せなくてはいけないので、恥ずかしいと思う人が多いです。

しかし多くのクリニックやサロンでは、VIO脱毛をするときに全裸になるわけではありません。ガウンや紙ショーツを身につけて施術することが多く、VIOについても照射する部分だけを出して照射が終われば隠してくれます。必要以上に露出することはないので、心配しなくても大丈夫です。

VIOは脱毛の人気部位なので、照射をするスタッフも慣れていますし、恥ずかしくないように気遣いをしてくれます。施術を受けるほうも、恥ずかしいのは最初だけで、次第に慣れていきますよ。

脱毛中の痛みが強い

脱毛施術を受ける中でも、VIOは痛みを感じやすい部位です。VIOは皮膚も薄くデリケートで、濃い毛が密集しているため、脱毛の痛みも強くなります。また、VIOは色素沈着を起こして黒ずんでいることも多いです。脱毛機の照射は黒い色に反応するため、黒ずみが原因で脱毛の光が毛根だけではなく肌に広がってしまうことがあり、痛みが強くなります。

ほとんどのクリニックやサロンでは、デリケートで黒ずみのあるVIOに照射するときには脱毛機の出力を下げます。火傷のリスクを低くするためですが、脱毛機の出力を下げることで、効果も出にくくなってしまいます。

痛みを軽減し、脱毛の効果を上げるために、肌の保湿を心がけるようにしましょう。施術の後に保湿をしてくれるサロンもあり、クリニックでは薬をくれることもありますが、セルフケアでデリケートゾーンの保湿する場合は、ワセリンを使うと良いでしょう。

自己処理が大変

脱毛の施術前には、どこのクリニックやサロンでも自己処理をしていく必要があります。Vラインなどは比較的、処理がしやすいのですが、IラインやOラインは見えにくく、完璧に自己処理をするのが難しいです。

剃り残しに関して、無料でシェービングしてくれるクリニックやサロンもありますが、有料になることもあります。剃り残し部分に関しては照射してくれないこともあります。施術に行くたびにシェービング代を取られるのは痛いですし、照射してもらえないのも避けたいので、なるべく完璧に自己処理をしていくようにしましょう。

がんばって自己処理をしても、肌を傷つけてしまっては施術してもらえません。デリケートゾーンであるVIOの自己処理の仕方を、丁寧に教えてくれるサロンもあるので、脱毛の効果を充分に得られるように自己処理をしっかりしていきましょう。

まとめ

VIO脱毛は、常に衛生的でいられるうえに自己処理の必要がなくなり黒ずみの改善にもつながるメリットがあり、人気脱毛部位の1つです。

そのVIO脱毛は、範囲が細かく分かれています。
・Vライン:Vライン上トライアングルなどの、正面から見える範囲
・Iライン:ショーツのクロッチが当たる部分
・Oライン:肛門周り

いずれの部位も事前の自己処理が必須ですが、VIOは特に敏感な部位のため、電気シェーバーと鏡を使って、なるべく肌に負担をかけないように処理しましょう。難しい場合はシェービングサービスのあるサロンを選ぶとよいです。
できるだけ、シェービングの無料サービスをしているサロンやクリニックを選びましょう。ただし、剃り残しに対しての無料サービスなので、無理のない範囲で自己処理をして行くことが必要です。

VIO脱毛は痛みを感じやすい部位なので、本契約をする前にお試しプランを利用して自分に合うかどうか確認することが大事です。