VIO脱毛をしたくても黒ずみがあってできないのではと悩んでいる人は多いです。また、VIO脱毛をしたことによってムダ毛がなくなり、黒ずみが目立ってしまって困っている人もいるでしょう。

この記事では、VIOの黒ずみの原因黒ずみがある場合のVIO脱毛について解説してます。

黒ずみがあっても脱毛できるサロンやクリニック、黒ずみ対策のあるサロンやクリニックも紹介しているので参考にしてください。

VIOが黒ずんでしまう原因は3つ

自己処理による肌のダメージ

肌に何度も刺激を与えると、メラニンが生成されて黒ずんでしまいます。カミソリや毛抜きなどによる自己処理も、肌にダメージを与えるので黒ずみの原因になります。

VIO脱毛に適しているといわれるワックスでも、肌や毛穴へのダメージが大きく、くり返すうちに黒ずみができやすくなります。

下着の擦れや摩擦によるもの

下着の擦れや摩擦も、VIOが黒ずむ原因になります。締め付け感が強いショーツやスキニーパンツ、ストッキングなどは、黒ずみの原因になりやすいです。

下着や衣類は着けている時間が長く、毎日のことでもあるので、たまの自己処理以上に色素沈着を起こしやすいです。

ターンオーバーの停滞

肌の生まれ変わりの周期である、ターンオーバーが停滞しているせいで、黒ずみができることもあります。
健康な肌のメラニン色素は、ターンオーバーとともに肌の表面に押し上げられ、垢として排出されるため、肌が黒ずんだままになることはありません。

しかし、何らかの原因でターンオーバーがスムーズに行われていない場合は、なかなか肌の細胞が入れ替わらないのでメラニンを排出できず、いつまでも色素沈着が残ってしまいます。

脱毛が原因でVIOが黒ずむことはない!

VIO脱毛をした人の中には、脱毛をしたら黒ずんだという意見もあります。
しかし、これは元々黒ずんでいたデリケートゾーンが、VIO脱毛で毛が薄くなることで目につきやすくなったからです。実際にVIO脱毛が黒ずみの原因になることはありません
VIO脱毛前の自己処理で、初めて自分のデリケートゾーンの黒ずみに気づき驚く人も多いのです。
黒ずみの原因は自己処理によるものが多いので、VIO脱毛をすれば自己処理の必要がなくなり黒ずみ解消には高効果です。

VIOに黒ずみがある場合は施術できない?

黒ずみがひどい場合以外は脱毛可能

デリケートゾーンは、ほとんど誰でも黒ずんでいるものなので、よほど黒ずみが酷い場合でない限りは脱毛を断られることはありません
ですが、他の人と比べて黒ずみが酷いかどうかは、サロン・クリニックのスタッフが実際に見てみないと判断が難しいところです。

VIO脱毛で黒ずみが心配な人は、カウンセリングで相談してみるとよいです。サロンやクリニックによっては、脱毛可能かどうかを判断するためのカラーチャートを用意しているところもあります。

デメリットもあるので注意が必要

施術時の痛みを強く感じる

VIOに黒ずみがあっても、ほとんどの場合は脱毛できますが、黒ずみがあることで痛みが強くなることはあります。
一般的に脱毛の光やレーザーは、高温の光を毛根のメラニンに反応させることで脱毛します。黒ずみなどで肌のメラニンが多い場合は、肌のメラニンにも熱が伝わるので、肌が白い人に比べて痛みを感じやすいです。
また、肌の黒ずみに熱が反応することによって、火傷や炎症などの肌トラブルが起きる可能性もあります。

脱毛効果が出にくい

光やレーザーを使用して脱毛する場合、毛の周りの肌が黒ずんでいると熱が分散してしまいます。
そのため、毛の部分に対する効果が弱くなるので脱毛効果も下がってしまいます。

黒ずみがあっても脱毛できる方法は?

脱毛サロンはSHR脱毛とハイパースキン脱毛

SHR脱毛は、蓄熱式脱毛とも呼ばれています。従来の脱毛方法は、毛のメラニン色素に光を当てその熱エネルギーで毛根にダメージを与えて脱毛していく方法です。一方、SHR脱毛はメラニン色素ではなく、毛包に直接働きかけて脱毛する方法です。
そのため、従来の脱毛方法では体表に出ている毛にしか効果がなかったのに対して、SHR脱毛は毛周期も関係なく、日焼けやほくろがあっても産毛までしっかり脱毛することが可能です。

ハイパースキン脱毛は、毛乳頭や毛母細胞をターゲットとした従来の脱毛方法とは異なり、肌の浅い部分にあるバルジ領域と呼ばれる部分にある毛包幹細胞をターゲットにして脱毛します。
メラニン色素とは関係がないので、日焼け肌や黒ずみ肌でも脱毛が可能です。また、体温に近い36度前後の温度で施術するので、肌へのダメージが少なくアトピー肌や敏感肌の人でも利用することができます

ストラッシュ

ストラッシュ

メラニン色素ではなく、毛包にアプローチするSHR脱毛を採用。黒ずみや産毛にも対応でき、痛みが少なく肌への負担が軽いのが特徴です。施術時間が短く、脱毛後には保湿ローションを使用したアフターケアが付いています。

ディオーネ

ディオーネ

ハイパースキン脱毛といって、毛のメラニンを利用しない脱毛方法を採用しています。メラニンの影響を受けないので、黒ずみが酷い場合でも問題なく脱毛できます
光の温度も低いので肌にやさしく、黒ずみがあっても痛みはまったくありません。アトピー肌や敏感肌も脱毛できます。

自己処理が難しいI/Oラインはシェービング無料です。

クリニックはメディオスターNextPro

メディオスターNextProは、永久脱毛の効果がある機種と認められているため、クリニックのみでの扱いになります。
メディオスターNextProは、サロンのハイパースキン脱毛と同じような仕組みで、メラニン色素ではなくバルジ領域に働きかける仕組みになっています。そのため、毛周期に左右されず色黒肌や黒ずみ肌でも施術が可能です。さらに、バルジ領域だけでなく毛根にもダメージを与えることができるので、脱毛効果が高いのが特徴です。
照射と同時に冷却機能が付いているため、肌荒れや赤み・毛嚢炎などの肌トラブルが起こりにくいです。

リゼクリニック

リゼクリニック

メディオスターNextProを含む3種類の脱毛器が用意されているので、対応できる肌質・毛質が幅広く、黒ずみが酷くても脱毛できます。シェービング無料なので、自己処理が難しいVIOの脱毛も安心です。

医療脱毛としては、料金も安いですキャンセル料も無料なので、急に生理が始まってしまったときも安心してお休みできます。

メディオスターNextProの利用可能!リゼクリニック

VIO脱毛と日頃のケアで黒ずみ無縁に!黒ずみ対策のあるサロン・クリニック

VIOの黒ずみ対策があるサロン・クリニック

VIO脱毛をすれば自己処理で黒ずみを悪化させるのは防げますが、ムダ毛で隠れなくなる分、これまでの黒ずみは逆に目立ってしまいます。
また、色素沈着ができた部分は、肌が弱い炎症を起こしていて、放っておくといつまでもメラニンを生成し続けるという研究もあります。
すでにできてしまった黒ずみを薄くするには、美白クリームなどのケア用品を使って対策するとよいです。

サロンやクリニックの中には、美肌効果の高い脱毛方法があるだけでなく、施術時に美白クリームを塗ってくれたり、おうちでのケア用品として、効果の高い美白クリームを販売している所もあります。
VIO脱毛と並行して行うことで、綺麗なデリケートゾーンの近道になります。

プリート

プリート

プリートは、VIO脱毛専門サロンです。脱毛しながら黒ずみの改善を目指せる「黒ずみケア専用コース」があります。
肌の代謝を促進する光を使用し、VIO専用の美白集中パック付きです。
また、VIOの脱毛範囲がボクサーパンツの範囲までとかなり広いのが特徴です。

湘南美容外科

湘南美容外科

VIO脱毛がクリニックの中でも安いです。来院すると美白効果の高いクリームを自分に合わせて処方してもらうこともできます。
脱毛の痛みに我慢できない場合は麻酔の利用が可能です。また、店舗間移動が自由なので、自分の都合に合わせて予約が取りやすいメリットがあります。

市販の美白クリームは低刺激なものをチョイス

美白クリームはサロン・クリニックで購入することもできますが、市販品を使用する場合は、低刺激なものやデリケートゾーン専用のクリームを選ぶようにしてください。

締め付けが少ない下着を選ぶことも大事

VIOの黒ずみを薄くしたい場合は、下着を締め付けが少ないものにするのも効果的です。ショーツは、ボクサーパンツならVラインを締め付けないのでおすすめです。

綿やシルクといった肌にやさしい素材のものを選ぶと、より効果的です。化繊の下着は、肌に刺激を与えて黒ずみやすくなるので避けましょう。

まとめ

VIOが黒ずんでいても、酷い黒ずみでなければ脱毛できます。ただし、黒ずみがあると痛みが強くなる可能性はあります。

黒ずみが酷いかどうかは、脱毛のスタッフが見てみないと判断が難しいので、心配な人はカウンセリングで相談してみるとよいです。

もし、黒ずみが原因で施術を断られてしまった場合でも、ストラッシュとディオーネ、リゼクリニックなら黒ずみが濃くても脱毛できます。

VIOが黒ずむ原因には、以下のものが挙げられます。

自己処理によるダメージ
・下着や衣類による摩擦
・ターンオーバーの停滞

VIOの黒ずみを薄くしたい場合は、以下の対策をしてみるとよいです。

・脱毛して自己処理しなくて済むようにする
低刺激の美白クリームなどで対策する
・締め付けが少ない下着にする(綿やシルクのボクサーショーツがおすすめ)

記事を参考に上手にケアして、理想のデリケートゾーンを手に入れてくださいね。