脱毛が一般的になり、うなじのムダ毛を気にする人も増えてきました。

ここでは、うなじ脱毛に除毛クリームなどを利用したセルフ処理がおすすめできない理由、うなじと髪の毛の境目、うなじのデザインで人気の形を画像付きで解説します。

また、サロンと医療クリニックでうなじ脱毛に必要な回数・料金を比較し、うなじ脱毛が安いサロン・クリニックも紹介していますので、うなじ脱毛を失敗したくない人は、参考にしてください。

堂々とうなじを出せる!脱毛で失敗しない人気の形

人気のうなじの形ベスト3

女性のうなじで人気がある形は、「U型」「W型」「MW型」の3つです。

U型

襟足の生え際がU字型のカーブを描くデザインで、「アーチ型」とも呼ばれます。U型の襟足は若々しい印象を与えますが、やりすぎると子どもっぽくなってしまうため、さじ加減が重要です。

W型

女性のうなじは、襟足がW型の人が多いです。もともとの襟足がW型の人がこの形に整える場合は、自分の襟足の形を活かして脱毛するとよいです。
襟足の尖っている部分を残しながら脱毛すると、もとのWのラインが活かせます。

MW型

MとWを組み合わせたような形です。MW型の襟足は首を細長く見せてくれるので、舞妓さんの襟足も、おしろいでMW型に整えられています。
脱毛でMW型のうなじを作る場合は、中心の出っ張り部分は髪の毛を脱毛して形を作る必要があります。
しかし、髪の毛は脱毛してもらえないため、もともとの襟足が違う形の場合は、脱毛でMW型にするのは難しい可能性が高いです。

ここで紹介した形以外に、襟足をまっすぐに揃える「ぱっつん型」もあります。

形に迷ったら美容室や理容室のシェービングを利用するのもアリ

似合ううなじの形は、元々の自分の形によっても大きく変わります。自分に合ううなじの形が分からないときは、美容室や理容室でうなじのシェービングをしてもらい確認するという方法がおすすめです。そうすることで、うなじの形を失敗したなんて後悔も回避することができます。

施術前の自己処理はシェービングサービスを利用しよう

脱毛施術前には、脱毛範囲を自分でシェービングしていく必要があります。
しかし、自分では見にくい部位なのでサロンのシェービングサービスを利用するのがおすすめです。自分での処理が難しい背面のシェービングは無料で行ってくれる所もあります。ですが、中にはシェービングが有料であったり、サービス自体がなく事前処理がされていない場合は施術を断るという所もあります。
無料のシェービングサービスがあるかどうか調べておきましょう。

うなじの脱毛範囲はどこまで?襟足とは別?

うなじは首の後ろから首の付け根あたりまで

うなじの正確な範囲は、首の後ろ側から首の付け根あたりまでで細くて短い毛が背中につながって生えている部分のことを指します。襟足は、首の後ろの髪の生え際部分のことで
上に向かって毛が生えていてうなじに比べると太い毛になっています。
正確にはうなじと襟足は事なる部位になりますが、サロン・クリニックではうなじと襟足をまとめて1つのコースにしていることが多いです。しかし、中には別パーツとして扱っている所もあるので、カウンセリングの際にうなじの脱毛範囲について確認するようにしましょう。

髪の毛は脱毛することができない

脱毛範囲をカウンセラーと確認する作業がありますが、その際に髪の毛とみなされる部分は施術を断られます。髪の毛は毛質が太いため、脱毛の光が反応しすぎてヤケドする恐れがあるからです。脱毛希望範囲が髪の毛の部分で結局脱毛できなかったという失敗談も聞きますので、カウンセリングの際にしっかりと脱毛範囲について相談しておくと良いです。

お値段が安くうなじ脱毛ができるのはどこ?人気のサロン・クリニックを調査

ダントツで安いミュゼプラチナムと回数無制限なら銀座カラー

サロン・クリニック 回数 料金 1回あたりの料金 範囲
ミュゼプラチナム 12回 22,500円 1,875円 襟足含める
ジェイエステティック 8回 17,300円 2,163円 襟足含める
エステティックTBC 12回 26,400円 2,200円 襟足含める
(※首後ろ全体12回:49,800円)
エピレ 12回 26,400円 2,200円 襟足含める
(※首後ろ全体12回:49,800円)
銀座カラー 8回 21,000円
(脱毛し放題:37,600円)
2,625円 襟足含める
ストラッシュ 12回 32,010円 2,668円 うなじのみ
アリシアクリニック 8回 39,600円
(脱毛し放題:52,800円)
4,950円 襟足含める
リゼクリニック 5回 39,800円 7,960円 襟足含める
レジーナクリニック 5回 39,000円 7,800円 襟足含める
湘南美容外科 6回 28,750円 4,792円 襟足含める

うなじは脱毛パーツ分けで小さい部位のSパーツになるので、そこまで高額の料金にはなりません。その中でも、ダントツの安さを誇るのがミュゼプラチナムです。また、うなじ脱毛は回数が多くかかるので、脱毛し放題プランのある銀座カラーもおすすめです。

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナム

部分脱毛が安いです。全身脱毛は高いので、うなじだけ脱毛したい人におすすめです。S.S.C.脱毛といって、産毛にも効果が出やすい脱毛方法を採用しています。施術後はプラセンタエキス入りミルクローションでトリートメントします。

うなじ脱毛が安い!ミュゼプラチナム

銀座カラー

銀座カラー

料金が安く、回数無制限コースもあります。全身脱毛も安いです。シェービングありのコースと、シェービングなしのコースが選べます。肌ケアはオプションで、美肌効果が評判の「美肌潤美」を採用しています。

うなじ脱毛が回数無制限で安心!銀座カラー

キレイモ

キレイモ

全身脱毛専門サロンですが、全身脱毛プランの中にうなじも含まれています。他の部位との境目を気にしたくないという人にはお勧めです。料金が安く、月額制と回数パックが選べます。回数パックはシェービングが無料です。肌ケアは、引き締め効果が期待できる「スリムアップローション」か、美白クリームが選べます。

全身脱毛が安い!キレイモ

早く効果を実感したいクリニック派にはアリシアクリニックと湘南美容外科

アリシアクリニック

アリシアクリニック

脱毛が安いです。産毛に効果が出やすい、ライトシェアデュエットという脱毛器を使っています。肌への負担も少ないので、デリケートなうなじの脱毛にもおすすめです。
一部の院では、痛みが少ないメディオスターNeXT PROも選べます。メディオスターも肌への負担が少なく、産毛も脱毛できます。

うなじへの効果が高い!アリシアクリニック

湘南美容外科

湘南美容外科

ウルトラ美肌脱毛が選べる院なら、産毛にも効果が出やすいです。肌の黒ずみなどにも効果が期待できる脱毛器です。
脱毛料金が安いですが、シェービングは1部位ごとに500円かかります。剃り残しが多くならないよう注意しましょう。

高効果で低価格!湘南美容外科

うなじ脱毛にかかる回数は何回?回数別効果と期間を比較

サロンでは約12回、クリニックでは約6回で脱毛が完了

自己処理不要になる回数 脱毛が完了する回数 完了までの期間
脱毛サロン 6~8回 12~15回 2~3年
クリニック 3~5回 6~8回 1~1年半

うなじの毛は産毛が多いため脱毛効果を実感できるまでに時間が掛かります
クリニックの医療レーザー脱毛の場合は、医療従事者しか使用することができないくらい照射威力の強いレーザーなので脱毛効果が高く効果を実感できるまでに約3回脱毛完了までに約6回程度で済みます。
しかし、サロンで使用される光脱毛はクリニックの医療レーザー脱毛よりも威力が弱いため、クリニックに比べると必要回数が多くなります。効果を実感できるまでに約6回脱毛完了までに約12回は必要となります。

うなじが毛深い人は回数無制限プランで損なく脱毛

ただでさえ回数がかかるうなじ脱毛。自分のうなじは濃い気がするから契約回数内に脱毛が完了するか心配という人は、初めから多めの回数で契約するか回数無制限プランを利用するのがおすすめです。
脱毛料金は回数が多いコースほど、1回当たりの料金が安くなる傾向があるからです。回数が少ないコースしかないところだと、追加契約が必要になり、割高の料金で何度か契約しなければならないので損です。

また、脱毛が安いサロンやクリニックも増えているので、料金が安いところを選んだ方が低予算で済みます。

自然なうなじにしたいならサロンがおすすめ

クリニックでの脱毛は照射威力が強く、永久脱毛の効果があります。なので、早く効果を実感したい人や細部まで綺麗に脱毛したいという人はクリニックの利用がおすすめです。
しかし、明らかに脱毛しましたという感じが苦手で自然な薄さのうなじにしたいという人はサロンがおすすめです。
サロンは脱毛経過がゆっくりなので、進み具合を見ながら毛量を調整することができます。

また、うなじは痛みを感じやすい部位です。サロンの光脱毛はクリニックの医療レーザー脱毛に比べて痛みを感じにくい脱毛方法なので、痛みに弱い人もサロンを利用すると安心です。

メリットだらけのうなじ脱毛。脱毛する時の注意点は?

うなじ脱毛のメリット

うなじ脱毛することのメリットは、自分では見えにくく処理しづらい部分を綺麗にできるという点です。自己処理の必要がなくなり、うなじを堂々と見せることができるようになります。また、うなじの形を整えるだけで清潔感が出て首が長く見える効果もあるうえに、産毛がなくなるので全体的に肌の色がトーンアップするというメリットもあります。

いつまでも抜けない?産毛に効果の高い脱毛方法を選ぶ

脱毛サロンやクリニックで使用している脱毛器のほとんどは、毛のメラニン色素に反応して脱毛する仕組みになっています。
しかし、うなじの毛は他の部位に比べて細いので脱毛器のレーザーが反応しにくく、その分脱毛効果を実感できるまでに時間が掛かってしまいます
脱毛器によっては、産毛でも問題なく脱毛できる機種もあります。産毛に効果が高い脱毛方法を採用しているサロン・クリニックを選ぶことが大切です。

日焼け対策と背中とのバランスに注意

日焼けで施術拒否の可能性も

首の後ろは普段紫外線対策をしているという人でも、意外と日焼けをしてしまっている部位です。日焼けをして肌の状態が黒かったり乾燥していると、脱毛施術を断られたり効果を十分に得られないことがあります。
うなじの脱毛を考えている人は普段から首の後ろの紫外線対策に気を付けましょう。

背中のムダ毛との境目が目立つ

うなじを綺麗に脱毛してもらってひと安心というわけには、いきません。ムダ毛を脱毛するとその他の部位との違いに目が行きがちです。うなじの場合は、背中と続いている部位なので背中のムダ毛も脱毛しないとうなじと背中との境目がクッキリと出て不自然になります。

自然なうなじにしたいなら、うなじと背中との境目を自然になるように毛量を調整してもらうといいです。

うなじのセルフ処理は難易度が高い

形を失敗する可能性あり

最近では市販品で手軽に脱毛・除毛グッズが手に入るようになってきました。カミソリでのシェービング・除毛クリーム・ワックス・脱毛テープ、ケノンのような家庭用脱毛器で自宅で手軽に脱毛を済ませたいという人も多いです。
しかし、うなじは自分で見ることができにくく、合わせ鏡を使っても上手く見ることが難しい部位。そのような部位を自分で処理しようとすると、左右のバランスが悪くなったり残しておくつもりだった所も間違って剃ってしまったりと、かなり危険です。また、頻繁な処理が必要になるので伸びてきて生えかけの状態もチクチクしてしまいます。
せっかく綺麗にしようと処理したのに結局髪の毛で隠す羽目にはなりたくないですよね。

肌荒れの原因になる

処理がしにくいので、失敗して自分の肌を傷つけるリスクが高いです。
また、無理な自己処理を繰り返すことで肌へのダメージが蓄積し、色素沈着を起こし黒ずみの原因となります。さらに傷ついた肌に細菌が入りニキビができやすくなることもありますので、自己処理はおすすめできません。

まとめ

うなじは産毛に近い毛質で脱毛効果が出にくいため、うなじ脱毛をするなら、産毛に効果が高い脱毛器を使用しているサロン・クリニックを選ぶことが大切です。その他にも、うなじ脱毛のサロン選びのポイントがいくつかあります。

コース回数が多くて料金が安い
シェービングサービスがある
肌ケアがある

うなじのデザインは、3つの形が人気があります。

U型:若々しく見える
W型:女性はもともと、この形の人が多い
MW型:首が細長く見える。舞妓さんもこの形

なお、クリニックは永久脱毛なので、あとからデザインの変更ができません。デザインを迷っている段階であれば、サロンで脱毛した方があとで調整しやすいです。

髪の毛とみなされる部分は脱毛できないので、そのことを踏まえて仕上がりの形を決めましょう。記事を参考に、理想のうなじを手に入れてくださいね。