「医療レーザー脱毛が原因で癌になるっていう噂は本当?」、「顔脱毛をしたら毛が増えたって口コミを見つけて不安」

医療レーザー脱毛を検討しているけど、脱毛によって起こる副作用が新派な人も多いですよね。

ここでは、脇脱毛をしたら汗が増えた、顔や髭の脱毛をしたらシミが増えたなどの口コミが本当かどうか、医療レーザー脱毛で起こり得る副作用と、副作用の予防策副作用への対応がしっかりしている医療クリニックについてまとめました。

医療レーザー脱毛の副作用って本当に起こるの?

「レーザー脱毛で皮膚がんになる」は嘘

医療レーザー脱毛に関する噂で目にするのが、「体にレーザーを照射して脱毛するということは、そのレーザーが皮膚がんに影響があるのではないか」という懸念です。

これに関していえば、レーザー脱毛で皮膚がんになるなどの健康被害はありません。そもそも、皮膚がんを起こしてしまう原因は紫外線ですが、脱毛用のレーザーは赤外線に近いものです。性質が違うものなので、何ら問題ありません。

また、医療用脱毛レーザーが到達するのは、表皮から3~4ミリの深さまでです。毛根を包んでいる毛包付近までしかレーザーが届かないので、内臓や血管に影響を与えることはありません

したがって、医療レーザー脱毛で病気になることはありませんし、皮膚ガンになるリスクもありません

医療レーザー脱毛の正常反応が起こることはある

医療レーザー脱毛で皮膚ガンなどの病気になることはありませんが、正常な範囲での皮膚反応が起こることはあります

医療レーザー脱毛は、温度の高いレーザーを肌に照射するため、施術後に肌の赤みやむくみが見られたり、毛嚢炎などができることがあります。

ですが、こうした皮膚反応は、時間が経てば自然に治っていくことがほとんどです。クリニックでは、施術のときに抗炎症軟膏を処方されることが多いので、必要に応じて塗っておくとよいです。

なお、稀に赤みがなかなか引かないことなどもあるので、その場合は施術を受けたクリニックに相談しましょう。毛嚢炎も、気になる場合は治療を受けられます。

医療レーザー脱毛の副作用で抜け毛が増えるのはウソ

「顔を医療脱毛したら、副作用で髪の毛が抜けてしまった」という噂がありますが、医療レーザー脱毛の副作用で頭髪が抜け落ちてしまうことはありません

ですが、顔脱毛の施術のときに、施術スタッフが誤って髪の毛の部分に照射して抜けてしまう可能性はあります。

医療レーザー脱毛で抜けた毛は、ほぼ生えてこなくなるので注意が必要です。

取り返しのつかないミスをされないためには、施術の体制がしっかり整ったクリニックを選ぶことが大切です。

「妊娠中に脱毛出来ない理由」はホルモンバランス

妊娠中にホルモンバランスの乱れが原因でVIOラインの毛が増えたという話があります。実際に妊娠中に脱毛の相談に来る人もいるそうです。

しかし、妊娠中の脱毛はほとんどのサロンやクリニックでは断っています。ホルモンバランスが乱れることによって痛みに敏感になり、抵抗力が弱くなってしまうためです。一部の脱毛機関では生理中の脱毛も断っていますが、これも同じ理由です。

また、施術中の体制が母子にストレスを与えることも懸念しています。脱毛行為自体が子宮や子供に影響を与えることはありませんが、万が一何かあってもサロンやクリニックでは責任が取れません。そのため、妊娠中の脱毛は断っています。

妊娠中の脱毛は諦めて、出産後に子供がある程度成長してからにしましょう。

医療レーザー脱毛の副作用の種類、どんなのがある?

全部位共通の赤み・火傷・埋没毛

部位に関係なく起こりうる副作用には、肌の赤み・火傷・埋没毛があります。

医療レーザー脱毛の施術直後は、肌が軽い火傷の状態になっています。そのため、人によって程度の差はあるものの、多少赤みが出るのが普通です。症状の悪化を防ぐために、照射のあとは肌を冷却し、炎症止めの薬を塗ってくれることが多いです。

埋没毛も稀に起こりますが、これはレーザーのせいというよりは、施術前の自己処理や体質が影響していることが多いです。埋没毛ができてしまったときは、よく保湿することで肌を柔らかく健康に保っておくと、自然に治ります。

火傷はめったに起こりませんが、出力が高すぎたり、施術前後の冷却が不充分だと火傷する場合もあります。

髭・顔レーザー脱毛の副作用で多いのは、シミ・色素沈着

髭脱毛・顔脱毛では、シミ・色素沈着といった副作用も起こりやすいです。

顔は紫外線を浴びやすい部位ですが、加齢や乾燥などで肌のバリア機能が衰えているときは、外的刺激に弱くなるため、紫外線による肌ダメージも受けやすくなります。

脱毛の照射直後も、肌が炎症を起こして弱っているので、普段よりも紫外線によるシミや色素沈着ができやすくなります

脇レーザー脱毛の副作用は、多汗が多い

脇の医療レーザー脱毛では、脱毛後の多汗を訴える人もいます。

ですが、これは厳密には副作用ではなく、ワキ毛がなくなることで汗がすべて皮膚を伝ってしまうため、発汗量が増えたように錯覚しやすいことが原因です。

むしろ、わきがの人の場合は汗の量が減る可能性もあります。わきがの原因となる汗を出すアポクリン腺は毛根と繋がっているため、毛根と一緒にアポクリン腺も照射のダメージを受けるからです。

なお、わきがでない人の通常の汗はエクリン腺から出ますが、エクリン腺は毛根からは離れているので、脱毛の影響を受けることはありませんし、汗の量も脱毛前と変わりません。

顔・背中など産毛が多い部位のレーザー脱毛の副作用は、硬毛化・増毛化

背中の脱毛では、硬毛化・増毛化の副作用が出ることがあります。硬毛化とは、脱毛のレーザーを照射することで、もとの状態よりも毛が太くなってしまう現象を指します。

硬毛化の原因はハッキリとは分かっていませんが、レーザーの刺激で毛根が活性化するのではないかと考えられています。

そして、硬毛化の副作用は、産毛が多い部位でときどき起こり、脇などの毛が太い部位ではまったく起こらない特徴があります。

Vラインレーザー脱毛の副作用は、毛嚢炎(ニキビ)

Vラインの医療レーザー脱毛では、毛嚢炎の副作用もよく見られます。

毛嚢炎とは、脱毛の照射で傷ついた毛穴に、黄色ブドウ球菌などの雑菌が感染することで起こるもので、ニキビに似た症状が出ます。

Vラインは毛質が太いため、レーザーで処理しきれなかった毛の根元が、毛穴の中に残ってしまいやすいです。

毛穴の中にムダ毛の切れ端が残ることで、皮脂や雑菌を溜め込みやすくなるので、他の部位に比べて毛嚢炎も起こりやすくなります。

医療レーザー脱毛の副作用を起こさないために

施術前後はしっかりと冷却する

医療レーザー脱毛の副作用を予防するには、施術前後に肌をよく冷やすことが大切です。

医療レーザー脱毛の副作用の多くは、高温のレーザーによって肌がダメージを受けることが原因だからです。そのため、脱毛の施術では、照射前に冷却ジェルを塗布し、照射後も冷却材などで肌を冷やすのが一般的です。

帰宅後も赤みやほてり、かゆみ・痛みなどが生じた場合は、濡れタオルなどを当てて肌を冷やすとよいです。ただし、施術直後の肌は、無数の細かい傷がたくさんできている状態だということを考慮する必要もあります。

施術の翌日いっぱいくらいまでは感染症を防ぐため、直接水をかけて冷やすのは控えましょう。

「やけど、赤み」はすぐクリニックに相談する

脱毛は、光やレーザーを当てたときの熱によって毛根を破壊します。そのため、やけどや赤みなどの症状が起きてしまうこともあります。昔は特にこの問題が酷く、被害に遭う人も多かったです。今はほとんどありませんが、それでもこの問題に当たってしまう人もいます。

多少の赤みが出るのはある意味正常です。赤みが出るのは、毛穴が熱を持っている証拠なので、きちんと脱毛効果が出ているということです。

これが何日も続いている、やけど痕が出てしまっている場合は、通っているクリニックに相談して下さい。通っているクリニックなどで保証サービスがあるところは、そういった問題に関する診察料が無料になったりするので、よく確認しましょう。

「増毛化、硬毛化」対策は保証があるクリニックを選ぶ

産毛などの細い毛が、脱毛することによって逆に増えてしまう、太くなってしまう現象が増毛化・硬毛化です。これは、何故そうなるのかという原因はまだハッキリとは分かっていませんが、脱毛を続けていけば改善します。

どうしても改善されない場合は、脱毛機器を変えると改善するという事例もあります。機械が自分に合っていないことで、中途半端に力が作用して硬毛化・増毛化してしまうのではないかと言われています。

解決すること自体は難しくありませんが、硬毛・増毛したことで施術回数が足りなくなり、追加料金を支払わなければならない可能性があります。「硬毛化・増毛化保証」がついているところでは、追加料金を無料にしてくれるので、不安な人は事前に知っておきましょう。

「毛嚢炎」はきちんとケアをする

毛嚢炎とは、脱毛したあとの肌にニキビのようなブツブツができてしまうことです。脱毛の刺激で毛穴が傷ついたところに、ブドウ球菌などの雑菌が感染することで起こります。これは、毛抜きなどで自己処理したときにも起こりやすいです。

あまり症状が大きくないときは、清潔にして保湿をきちんとすれば自然に治ります。肌が敏感になっているので、あまり強く洗いすぎないことと、敏感肌用などの刺激の弱いものを使うようにしてください。

それでも治らない、広範囲に出ている、痛みを伴っているという場合は病院やクリニックに行きましょう。クリニックで脱毛している人は、そのまま通っているクリニックに行った方が対応が早いです。

血行をよくする行為を控える

血行がよくなると肌を温めてしまうので、照射による炎症が治まりにくくなり、副作用が出やすくなります。

入浴や飲酒、激しい運動といった血行を促進する行為は、肌が落ち着くまでは控えるようにしましょう。岩盤浴やサウナも厳禁です。

保湿をしっかり行う

医療レーザー脱毛の副作用を防ぐには、よく保湿するのも効果的です。しっかり保湿することで、照射で傷ついた肌の回復が早くなり、副作用が出にくくなります。

クリニックでも施術当日に抗炎症軟膏やクーリングジェルを処方されることがあるので、その場合はそうしたアイテムも活用するとよいです。

なお、保湿は大切ですが、クリームなどをベタベタ塗りすぎると、ムレて痒みが出てしまう場合もあります。

いつ頃から、どんなアイテムをどのくらい塗ればよいかは、クリニックでも教えてくれるのでカウンセリングのときに聞いてみるとよいです。

紫外線対策を怠らない

施術直後の肌は、紫外線によるシミや色素沈着などの副作用が出やすくなっています。医療レーザー脱毛の帰りは、紫外線対策をしっかり行いましょう。

ただし、ウォータープルーフの日焼け止めは、施術直後の肌には負担が大きいのでNGです。

脱毛帰りの紫外線対策には、帽子やマスクなどを活用するとよいです。最近はUVカット素材の羽織ものなども市販されているので、そうした衣類で肌をガードするのもよい方法です。

赤みなどが酷くない場合は、軽い日焼け止めも使えます

脱毛するならサロンよりクリニックがおすすめなワケ

光脱毛でも副作用はおこる

サロンの光脱毛は照射出力が低いので、医療レーザー脱毛に比べると肌への負担が少ないです。

ですが、まったく負担がかからないわけではないので、光脱毛でも赤みや毛嚢炎などの副作用は起こります。特に、背中など産毛が多い部位の副作用である硬毛化は、光脱毛の方が起こりやすいです。

また、サロンの施術スタッフは、美容の知識はあっても皮膚の専門家ではないという問題もあります。皮膚科医と提携しているサロンもありますが、店舗と提携医療機関の場所が離れていることが多いので、トラブル時の迅速な対応は望めません

脱毛の副作用に対処できるのはクリニックのみ

サロンは医療機関ではないので、何か副作用が起こっても、その場ですぐに対応することができません。

一方、クリニックであれば医師が常駐しているので、問題があった場合はすぐに適切な処置が受けられます

医療レーザー脱毛をするなら、施術による副作用への対応がしっかりしているクリニックを選ぶと、万一のときも安心です。

アリシアクリニック湘南美容クリニックリゼクリニックは、施術による肌トラブルへの対応が整っているのでおすすめです。

アリシアクリニック

アリシアクリニック

アリシアクリニックは脱毛料金が安いクリニックです。副作用防止のため、施術当日の抗炎症軟膏を無料で処方してもらえます。再診料も無料なので、万一肌の様子がおかしい場合も気軽に受診できます。

施術は肌への負担が少ない「ライトシェアデュエット」で行うので、デリケートな部位の脱毛でも麻酔を使わずに脱毛できます。一部の院では、より肌への負担が少ない「メディオスター」も選べます。

アリシアクリニック公式サイト

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックは脱毛料金が安く、全国の院があり移動が自由にできるクリニックです。副作用対策として、抗炎症軟膏を無料で処方しています。再診料も無料なので、副作用について医師の処置を受けたいときも受診しやすいです。

副作用が心配な人は、「ウルトラ美肌脱毛」を選ぶと、他のレーザーより肌への負担が少ないです。また、すべてのプランに1回コースがあるので、お試し利用も可能です。

湘南美容クリニック公式サイト

リゼクリニック

リゼクリニック

リゼクリニックは脱毛料金が安く肌トラブルに対する保証が充実してるクリニックです。万が一肌トラブルが起きた場合の治療費やお薬代は無料で対処してくれます。硬毛化・増毛化保証もあり、1年間無料で再照射してくれます。

施術には痛みの少ないライトシェアデュエットと、メディオスターNexT ProジェントルYAGの3種類を毛質や肌質によって使い分けてくれるため、効果の実感までが早いです。

リゼクリニック公式サイト

まとめ

医療レーザー脱毛で皮膚ガンなどの病気になったり、頭髪が抜けることはありませんが、正常な範囲での副作用が出ることはあります。

・全部位共通:赤み・火傷・埋没毛
・髭・顔:シミ・色素沈着
・脇:多汗になったように錯覚
・顔・背中:硬毛化・増毛化
・Vライン:毛嚢炎

これらの副作用を起こさないための対処法には

施術前後に肌を冷やす
やけど、赤みはすぐクリニックに相談する
増毛化、硬毛化対策は保証があるクリニックを選ぶ
毛嚢炎は症状が悪化しないように清潔にする
・施術後は入浴や飲酒など、血行をよくする行為を控える
しっかり保湿する
紫外線対策する

があります。なお、サロンの光脱毛でも副作用は起こりますし、何かあったときにクリニックの方が医師が常駐しているので、すぐに対応してもらえます。副作用が心配な人が脱毛するなら医療レーザー脱毛の方がおすすめです。