「効果が高い医療レーザー脱毛をしたいけど、脱毛後の赤みや腫れ、かゆみが心配」、「髭脱毛をしたら毛穴が赤くなってしまった」

脱毛をしたいと思っていても、脱毛後の赤みや肌トラブルが心配で施術するのが不安という人もいますよね。

ここでは、医療脱毛後に赤みが出る原因赤みが消えない場合の対処法赤みが出ないようにする予防策について説明します。脱毛後の赤みや肌トラブルが不安な人は参考にしてみてください。

医療レーザー脱毛後に赤み・腫れ・痒みが出る原因とは

レーザーによる炎症が原因

医療用のレーザーは、医療行為であり、黒色のメラニン色素に反応するようになっています。このシステムにより、毛根にある毛乳頭を破壊し、脱毛をします。レーザーは肌に反応することはないのですが、レーザーの熱が毛乳頭に伝わる際に、肌にもダメージを与えてしまうことがあり、毛包への刺激が強いと、毛嚢炎になってしまうこともあります。

また、その熱によって、皮膚表面が火傷をしたような状態になり、赤みや腫れ、痒みが出るなどの炎症が起きてしまいます。医療レーザー脱毛の照射は、「針を刺すようなチクチクした痛みがある」と言われることがありますが、レーザーの熱さによって痛みを感じるのです。

赤みは正常反応

医療レーザー脱毛の施術後に肌に赤みがでるのは、個人差はありますが、ほとんどの人に現れる肌トラブルのひとつです。赤くなるのは副作用というほど異常なことではなく、正常な肌の反応と考えてよいでしょう。施術後は冷却することが必要ですが、肌が普通より弱い人や、照射パワーが強すぎると、赤みが強く出て腫れる場合があります。

医療レーザー脱毛は医療機関であるクリニックで行うので、赤みが強かったり腫れたりすると、すぐに医師による診断が受けられます。照射をするスタッフが強すぎる赤みに気付いて、医師の診断が必要だと判断してくれますが、万が一、案内がない場合には、医師に確認して欲しいと伝えるようにしましょう。皮膚科の医師がいるクリニックだと安心です。

毛穴が赤くなっている場合

肌の赤みは、照射直後は出ていても、まもなく消えることが多いです。しかし毛穴がポツポツと赤くなっている場合には、2~3日かかります。ほとんどのクリニックでは、施術後に炎症止めの薬をくれます。忘れずに湿布するようにしましょう。

肌が赤くなっている場合

毛穴だけではなく、肌まで赤くなっている場合は、1週間から10日くらいで治ります。医療レーザー脱毛の照射は、肌の黒いメラニンをターゲットにするため、肌まで赤くなることはあまりありません。施術直後は赤みが出ていても、すぐにひく場合がほとんどです。

肌が赤くなり、しばらくひかないのは、普通より肌が弱いか、照射の威力が強すぎる可能性があります。日焼けをしないようにする、肌の保湿ケアを念入りにするなど、施術に備えて、肌の状態を整えるようにしましょう。それでも施術後に赤みがなかなかひかないようであれば、医師やスタッフに相談して、照射の出力を抑えるようにしてもらいましょう。

髭などの毛が濃く太い箇所は赤みが出やすい

部位別に見ると、髭、脇、VIOなどの毛が濃くて密集している部位は赤みが出やすいです。毛が太いということは、ターゲットになる黒色が大きいということなので、照射の反応が強く出るためです。

また、シミやほくろは、施術時にシールで保護するなどして、照射のレーザーが当たらないようにしてくれます。しかし施術スタッフが保護し損ねて、照射してしまうと、シミやほくろ部分にレーザーが反応してしまいます。

脱毛の施術中には日焼けをしないようにと注意されるはずですが、日焼けした部位に照射してしまった場合は、照射の熱が日焼けした肌全体に広がってしまい、赤みが強く出ます

医療レーザー脱毛で起こる赤みの正しい対処法

保湿をする

医療レーザー脱毛の施術後は、レーザーの熱により肌の水分が奪われています。施術前の保湿ケアも大切ですが、施術後の保湿も念入りに行いましょう。肌が赤くなっている場合は、刺激の少ない保湿液で、ケアするようにしましょう。

冷やす(クーリング)

医療レーザー脱毛の施術後の赤みは、軽い火傷です。施術後の肌は赤くなり火照っていることが多いですが、冷却することで肌を落ち着かせることができます。冷たいタオルやアイスノンなどで、火照っている肌をクーリングしましょう。

処方された軟膏を塗る

クリニックでは施術後に炎症止めの軟膏をもらえます。炎症を抑えると同時に、保湿もできる軟膏の場合が多いです。処方された軟膏は忘れずに塗るようにしましょう。

紫外線に当たらないようにする

医療レーザー脱毛の施術後の肌は、とてもデリケートになっています。紫外線に当たると、軽い火傷の状態がひどくなってしまうので、肌が出ない服を着るなどして、紫外線から施術後の肌を守りましょう。

飲酒・入浴・運動は控える

医療レーザー脱毛の施術後は、飲酒や入浴、運動は控えるようにしましょう。飲酒は体の血行を良くするため、肌の赤みを悪化させてしまいます。入浴は、軽い火傷状態の肌には刺激が強すぎてしまいます。施術の後は、ぬるめのシャワーのみにするなど、湯舟にはつからないようにしましょう。

また、運動をして汗をかくと、赤みがひいていない肌がチクチクすることがあります。肌の赤みが悪化してしまうので、なるべく運動も控えましょう。

肌に刺激を与えない

医療レーザー脱毛の施術を受けて、赤みが出てしまうのは異常なことではありませんが、赤みにきちんと対応をしないと、色素沈着を起こしてしまう可能性があります。セルフケアをきちんと行えば、施術後の赤みは、しばらくするとおさまります。

とにかく肌に刺激を与えないということが大切です。しかし、1週間以上経っても赤みが消えない場合、放っておくとだんだん黒ずんできて、色素沈着につながることがあるので、早めに医師に相談するようにしましょう。

美肌のためには赤みも我慢?なるべく赤みを出さないための予防策ってある?

肌が弱い場合は、事前に医師に相談

ムダ毛のないツルスベ肌を目指すためには、赤くなるのも我慢しないとならないのでしょうか?なるべく赤みを出さない予防策があれば、知りたいですよね。

医療レーザー脱毛の施術を受けるのは、医療機関であるクリニックです。元々肌が弱い、アレルギーがあるという人は、事前に医師に相談するようにしましょう。敏感肌だという場合も、肌トラブルが起きてしまってから診断を受けるより、事前に相談しておいたほうがリスクが低くて済みます。

施術前から肌の状態を良くしておく

施術を受けるときには、肌の状態を良くしておくことが、肌が赤くならない予防策になります。具体的には、日焼けはしないことがあげられます。日焼けした肌は水分不足になり、照射の熱が肌全体に広がり、肌が腫れてしまう原因になります。

また、肌の保湿をしっかりとしておきましょう。乾燥した肌で照射を受けると、痛みを強く感じるだけではなく、赤くなったり腫れたりする原因になります。

アフターケアのしっかりしたクリニックを選ぶ

医療レーザー脱毛を受けるクリニックは、アフターケアをしっかりしてくれるところを選ぶことが大切です。特に肌が弱いというわけではなくても、施術を受けてみたら肌が赤くなってしまうことが起こらないとは言い切れません。

万が一のときのために、施術後のアフターケアが充実しているクリニックに通っていれば安心です。

アリシアクリニック

アリシアクリニックでは、施術当日の薬の処方を無料で行っています。照射により肌の赤みが強く出ている場合は、処方してもらった薬を忘れないように湿布しましょう。レーザー脱毛を照射しても赤みが出ないかどうか、テスト照射も行っています。

リゼクリニック

リゼクリニックでは、万が一、施術による肌トラブルが起きてしまったときには、治療や薬代が無料です。照射によって硬毛化、増毛化が起きてしまった場合には、1年間の無料照射をしてくれ、打ち漏れがあった場合にも4週間以内に連絡をすれば再照射してもらえます。

まとめ

医療レーザー脱毛施術後に、肌の赤みが出るのは、正常な反応です。髭やVIOなど、濃い毛が密集している部位は、強い熱が当たることになるため、特に腫れが出やすいです。通常、赤みはしばらくするとひきますが、なかなかひかないようであれば、医師に相談するようにしましょう。

赤みが出てしまったら、保湿をする肌を冷やす紫外線に当たらないなど、肌に刺激を与えないようにしましょう。元々肌が弱い人は、事前に医師に相談、また施術当日の肌の状態を良好に整えておくことも大切です。

レーザーを照射して肌トラブルが起こらないとは言い切れないので、クリニック選びではアフターケアをしっかり行ってくれるかをチェックするようにしましょう。