「効果が高い医療レーザー脱毛の1回目の照射が終わったけど全く毛が抜けない」、「照射したあとに抜けない毛があるのはなんで?」

この記事では、レーザー照射後に毛が抜けない原因、Iラインなどの濃い毛が抜けにくい理由毛が抜けないときの対処法施術中の自己処理の方法について説明します。

正しく施術を受けていれば効果は得られるので、施術後に毛が抜けないことで悩んでいる人は、この記事を読んで不安を解消してください。

痛みに耐えたのに!レーザー照射後、毛が抜けないのはなぜ?

毛が抜け始める目安は照射後2~3週間

毛には毛周期というのがあります。成長期、退行期、休止期のサイクルをぐるぐるとまわっているのですが、脱毛施術の効果があるのは、成長期の毛だけです。成長期とは、毛根の細胞分裂が活発に行われていて毛が成長する時期、退行期は毛根の細胞分裂が弱くなっていく時期、休止期は毛根の細胞分裂が止まり、毛が抜け落ちる時期です。

毛は、ひとつの毛穴から抜けたり生えたりを繰り返しているのですが、一斉に生えて抜けるわけではありません。レーザー脱毛を行っても、効果が得られるのは成長期である全体の20%程度の毛だけです

また、レーザー脱毛の効果は、照射直後にはあらわれません。脱毛機の種類によっても多少、差があるのですが、目安として照射してから2週間~3週間くらいして毛が抜け落ちます。毛根からスルスルっと抜けるので、照射による効果であることがわかります。

脇、Iライン、ヒゲ・・・レーザー脱毛で毛が抜けない箇所に共通すること

毛が太く密集している

医療クリニックのレーザー脱毛の照射は、毛のメラニン色素の黒い色に反応します。濃くて太い毛ほど強く反応するので、痛みを伴うこともあります。しかし濃くて太い毛ほど、高い効果を得られるともいえます。

脇やIライン、ヒゲなどは、濃くて太い毛が密集している部位のため、効果を得やすいはずです。「でも、脇とIライン、ヒゲの毛が抜けない・・・」という場合、照射のパワーが効かないほど、しっかりとした強い毛であることが考えられます。

色素沈着しやすく、痛みを感じやすい

レーザー脱毛を受ける前に自己処理を重ねてしまった場合、元々の毛より太く濃い毛になってしまっています。自己処理を重ねていると色素沈着していることもあります。また、Iラインはデリケートな部位のため、照射レベルを落として施術をすることが多いです。太くて強い毛であるにもかかわらず、照射レベルを落とすので、効果が得にくいのです。

自己処理を重ねたために色素沈着してしまっている場合、照射の熱が毛だけではなく肌にも広がりやすくなります。そのため、痛みも強く感じてしまいます。

1か月を経過してもまだふさふさ・・・他に考えられる原因5つ

レーザー脱毛照射後から効果が出てくるまでには個人差があるとはいえ、1か月を過ぎてもまったく効果が感じられない場合は、次のような原因が考えられます。考えられる原因5つと、対処法についてまとめました。

レーザー脱毛後毛が抜けない原因 対処法
毛の成長期を外していた 成長期の毛は全体の20%程度のため、毛周期に合わせて、施術を重ねる
脱毛機器との相性が悪かった 医療レーザー脱毛機は1種類ではないので、複数の脱毛機を導入しているクリニックであれば、違う脱毛機を試してもらうように相談する
照射の出力が弱かった 施術を行うスタッフは、肌の状態をみて、トラブルを回避するために出力を調節していますが、効果が無かったと訴えて、出力を上げてもらうようにする
スタッフの照射漏れ まったく効果が無いのであれば、スタッフの照射漏れが考えられるので、クリニックに相談、再照射に応じてくれるクリニックもある
肌代謝 毛が抜け落ちるのには、肌の代謝も関係しているので、肌代謝を上げるために、日頃からの肌のケア、規則正しい生活を心がける

レーザー脱毛しても毛が抜けない場合、自己処理はどうする?

「自分で毛抜き」は絶対NG!自己処理するならシェービングで

レーザー脱毛をしても、毛が抜けない場合、自己処理せずにはいられなくなりますよね。そんな場合でも、毛抜きを使った自己処理は絶対にNGです。確実に毛根から処理できるので毛抜きを使いたくなりますが、毛抜きで処理することでさらに脱毛効果を下げてしまうことになります

脱毛の効果を上げるためには、毛周期を考えながら施術を重ねることが大切だという説明をしましたが、毛抜きで処理することで、毛周期を乱してしまいます。さらに、次に施術を受けるときに毛根が無い状態だと、脱毛効果が得られません。レーザー脱毛は、毛の黒いメラニン色素をターゲットにするからです。

「でも、毛がふさふさのままでは恥ずかしい・・・」という場合、自己処理は肌に負担が少ない電気シェーバーで行いましょう。カミソリによる自己処理も、肌表面にダメージを与えてしまうためNGです。

引き続き日焼けには要注意!

レーザー脱毛の効果を充分に得るためには、脱毛前後だけではなく、日頃からの肌のケアが大切です。レーザー脱毛を受ける際のカウンセリングで、「日焼けはしないように」と注意を受けているはずですが、日焼けをしていると、施術自体を断られてしまう可能性があります。

レーザー脱毛の照射は黒い色に反応するため、日焼けをしていると熱が肌全体に広がりやすくなり、火傷のリスクが高くなります。同時に、脱毛効果を充分に得ることができなくなります。

照射をしてくれるのであっても、出力を下げられてしまいます。また日焼けした肌は軽い火傷状態です。水分が奪われ炎症を起こしていることも多く、施術を受けても痛みを強く感じる上に、効果を充分に得られないので良いことはありません。

大事なのは照射後のアフターケア!こまめに保湿で脱毛効果もアップ

脱毛効果を上げるために大切なのは、保湿です。施術後はレーザー脱毛の熱により、肌の水分が少なくなっている状態です。たっぷり保湿をして、肌に刺激を与えないようにしましょう。

保湿ケアは照射後だけではなく、日頃から心がけましょう。潤っている肌は脱毛の施術を受けたときに、高い効果を得やすく、痛みも感じにくいです。カサカサに乾燥した肌にレーザーを照射しても、熱が伝わりにくく、ヒリヒリとした痛みを強く感じてしまい、肌がダメージを負ってしまいます。

アリシアクリニック

アリシアクリニックでは、契約時に契約部位やコースに合わせたケアアイテムをプレゼントしてくれます。アリシアクリニックオリジナルのコスメで、高い保湿効果がある薬用ローションなどです。美容成分たっぷりで、肌質に合わせて使えるのでレーザー脱毛に備えた肌のセルフケアがしっかりとできますよ。

まとめ

レーザー脱毛の施術を受けても直後には効果はあらわれません。毛が抜け始めるのは、照射後2週間~3週間が経ったころです。1か月を過ぎても、まるで効果が無い場合は、毛周期、脱毛機の種類、脱毛機の出力、照射漏れ、肌代謝などの原因が考えられます。クリニックに効果が無かったことを相談してみましょう。

脱毛施術を受けている間の自己処理は、電気シェーバーを使うのがおすすめです。また日焼けをしないようにして、保湿を心がけるようにしましょう。脱毛効果を上げるための、日頃からのセルフケアも大切ですよ。