「医療レーザー脱毛をしたいけど脇やVIOが色素沈着してる…。これって脱毛できる?」、「アトピー肌のせいで色素沈着が酷いけど、脱毛で改善できる?」

医療レーザー脱毛を検討している人の中には、色素沈着に関する悩みを持っている人も多いです。

この記事では、色素沈着している肌でも医療脱毛ができるのか脱毛で色素沈着は治るのか脱毛することで色素沈着が起こることはないのかに関するついて解説するので、色素沈着で悩んでいる人は参考にしてください。

色素沈着が気になる脇・VIOライン。医療レーザー脱毛をすることはできる?

多少の色素沈着なら施術可能

色素沈着が起きやすい部位

肌の色素沈着は、肌に刺激などの負担をかけてしまったことでできてしまいます。脇のムダ毛処理をカミソリでずっと続けていて、皮膚を傷つけてしまったり、毛抜きで引き抜いてしまったことで毛穴に負担をかけたりして、色素沈着になってしまうことがあります。

また、VIO部分は下着でこすれる部位なので、色素沈着を起こしていることが多いです。

色素沈着の程度による

色素沈着をしている脇やVIOは、医療レーザー脱毛を受けられるのか、不安ですよね。結果からいうと、色素沈着の程度によります。医療レーザー脱毛を受けるクリニックでは、医師の診断が受けられますので、施術可能かどうかカウンセリングのときに相談してみましょう。色素沈着があっても、施術可能な場合もあります。

場合によっては、医療レーザー脱毛ではなく、1本ずつ毛穴に電流を通しての処理になるニードル脱毛に切り替える方法もあります。「こわい…、脱毛やめておこうかな」と思ってしまうかもしれませんが、誤った自己処理を続けて肌に負担をかけることが色素沈着の原因なので、黒ずみのない肌を目指すなら、自己処理を続けるのはNGです。

濃く日焼けした肌は基本的には施術NG

脱毛施術に通っている期間は、日焼けはしないようにとカウンセリングで言われるはずです。医療レーザー脱毛は、肌の黒いメラニンに反応するため、日焼けしていると照射が肌全体に広がり、火傷のリスクがあるためです。

日焼け肌でも色黒肌でも施術可能な脱毛機も出てきていますが、日焼け肌というのは軽い火傷をしているような状態です。肌も乾燥してしまうこともあり、脱毛の施術中の日焼けはしないようにしたほうがよいでしょう。

日焼けした肌でも施術可能な脱毛機に、ハヤブサ脱毛があります。ハヤブサ脱毛で使われる脱毛機は、メディオスターネクストです。毛根をターゲットにするのではなく、発毛を促すバルジ領域をターゲットにした脱毛法になります。

KM新宿クリニック

KM新宿クリニックでは、ハヤブサ脱毛を行っています。ハヤブサ脱毛は痛みが少ないのが特徴。また、メラニンの黒色をターゲットにした脱毛法ではないので、色黒肌や日焼け肌でも施術が可能です。

しかし脱毛施術中に日焼けをしてもいいというわけではなく、すでに日焼けしてしまっている肌には照射可能になっています。

医療レーザー脱毛で色素沈着は治る?

医療レーザー脱毛で色素沈着は改善される

医療レーザー脱毛をすると、美肌効果もあるという話があります。医療用レーザーは元々、シミ除去にも使われています。シミを消したくてクリニックに行くと、レーザー治療をします。

ただ、シミを消すためのレーザーと、脱毛のレーザーは種類が少し違い、波長や出力が異なります。しかし脱毛の施術で照射されるアレキサンドライトレーザーは、脱毛効果も高く、美白効果もあります。シミ取りレーザーとは違うとはいえ、色素沈着を薄く改善できる可能性は高いです。

美白レーザーとして有名な、アレキサンドライトレーザーがおすすめ

色素沈着に悩んでいて、脱毛と同時に少しでも薄くなることを期待する場合には、アレキサンドライトレーザーの脱毛機を導入しているクリニックに通うとよいでしょう。アレキサンドライトレーザーの脱毛機は、ジェントルレーズジェントルレーズプロジェントルマックスプロなどです。

レジーナクリニック

レジーナクリニックでは、脱毛機のジェントルレーズプロを導入しています。ジェルを使わない脱毛ということもあり、スピーディーに効果の高い医療脱毛ができます。施術間隔も1.5か月ごとに通えるので、最短8か月で脱毛終了までいけます。

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックで使用している脱毛機は、ジェントルレーズです。安い料金のキャンペーンも実施中で、脱毛コース消費の期限がないのが特徴です。契約クリニックだけではなく、全国展開しているクリニックのどこにでも通えるので、引っ越しを控えていても継続して通える可能性が高いです。

医療レーザー脱毛によって色素沈着が新たに起こる可能性は?

施術後の色素沈着のリスクはある

医療レーザー脱毛を受けることにより、色素沈着が薄くなることもありますが、新たに色素沈着が起きてしまう可能性はゼロとはいえません。脱毛のために、肌にレーザーを照射することで、火傷を負ってしまうこともあります。

クリニックでは、照射時に火傷を負わないように出力を調節してくれますが、絶対火傷を負わないとは言い切れません。

また、レーザー照射によって肌の水分が奪われます。施術後の保湿を怠ると、肌が乾燥したままになりダメージを負います。火傷や乾燥など、肌に負担を与えることで、色素沈着が起きてしまう可能性があります。しかし通常は、1か月程度で症状は治まり、改善されるでしょう。

色素沈着のリスクを回避するためにすべきこと

施術後のケアを徹底する

脱毛施術を受けて、色素沈着を起こしてしまうリスクを回避するためにすべきことをあげます。第一に、保湿です。脱毛前の保湿も大切ですが、レーザー照射後は肌の水分が奪われているため、念入りな保湿が必要です。

次に、紫外線対策をしっかりすることです。なるべく肌を出さない服装を心がける、日焼け止めクリームを塗るなどしましょう。

施術後は肌がデリケートになっていて、かゆみが出ることがあります。しかし絶対に掻かないようにしましょう。掻くことで炎症が起き、色素沈着の原因になります。

また、次の施術までムダ毛の自己処理はなるべく行わないようにしましょう。自己処理は肌に負担をかけ、埋没毛発生の原因にもなります。施術前の自己処理は必要ですが、それ以外は毛が生えてきても、我慢しましょう。

施術後の色素沈着を避けるためには、アフターケアをしっかりしてくれるクリニック選びが大切です。

アリシアクリニック

アリシアクリニックでは、施術を行った後、肌を鎮静するための薬を無料でくれます

また、施術部位に合わせた、自宅でケアできるアイテムをセットプラン契約時にプレゼントしてくれます。アリシアクリニックがプロデュースした薬用ローションで、保湿力が高く、敏感肌や乾燥肌もケアできます。

肌への負担が軽く、色素沈着のリスクが低いマシンを選ぶ

医療脱毛クリニックは、すべてが同じ脱毛機を使っているわけではありません。複数の脱毛機を使い分けているクリニックもあれば、1つの脱毛機で施術を行っているクリニックもあります。

施術後の色素沈着を避けるためには、肌のターンオーバーに合わせて、肌への負担が軽い脱毛機を使っているクリニック選びが大切です。クリニックを選ぶ際に、使用している脱毛機もチェックしましょう。

リゼクリニック

リゼクリニックでは3種類の脱毛機を肌質や毛質によって使い分けています。中でもメディオスターNeXTは、肌の黒いメラニンではなく、発毛を促すバルジ領域をターゲットにして照射します。痛みが少なく、施術後に肌が赤くなる人はほとんどいません

聖心美容クリニック

聖心美容クリニックでは、脱毛機のソプラノアイスプラチナムを使用しています。高温のレーザー照射ではなく、温かさを感じる程度のレーザーなので痛みもほとんどありません。もしも痛かったら、施術料金を返金するという対応も行っています。絶対痛くないと自信があるがゆえのシステムですね。

色素沈着が起こってしまった場合の治療・対処法

色素沈着が起きてしまった場合の対処ですが、まず、赤みや炎症が出た時点で、すぐにクリニックに相談しましょう。脱毛クリニックに通うメリットは、万が一の肌トラブルの際に、医師が即対応してくれることが大きいです。自分でどうにかしようとせず、早めに相談することがポイントです。

施術後は肌が火照っていることもありますので、よく冷やすようにしましょう。また、照射後の水分を奪われた肌には、たっぷりとした保湿が必要です。炎症を起こしてしまっている場合には、クリニックに炎症止めと軟膏を処方してもらいましょう。

施術後の肌トラブルについては、ほとんどのクリニックが無料で対応してくれます。肌がダメージを受けているのに我慢してしまうと、色素沈着が起きてしまう原因になり、色素沈着の状態がひどいと、次回の施術が受けられない可能性も出てきます。

まとめ

多少の色素沈着は施術可能です。施術前のカウンセリングで、色素沈着があることを伝えて相談しましょう。脱毛機の種類によっては、美白効果が期待できます。しかし逆に、脱毛施術が原因で色素沈着が起きてしまう可能性がないとはいえません

施術後に色素沈着が起きないようにするには、まず保湿です。紫外線対策もきちんと行いましょう。色素沈着がひどいと、施術を断られてしまいます。医療クリニックに通うメリットは、万が一のときに医師の診断をすぐに受けられることです。遠慮せずに、トラブルが起きたらすぐに相談しましょう。アフターケアを行ってくれるクリニック選びも大切です。