「顔脱毛をしたらニキビみたいなブツブツができた」、「脱毛が原因で毛嚢炎になったんだけど、クリニックで薬を出したり治療してくれたりするの?」

脱毛が原因でニキビのような症状が出た場合、それは毛嚢炎かもしれません。ひどい場合には跡になってしまうこともあるので、しっかりと対処法を知っておきましょう。

この記事では、レーザー脱毛で毛嚢炎ができる理由と治療法毛嚢炎の予防方法各クリニックの対応について紹介していくので、参考にしてください。

不安・・・レーザー脱毛後、毛嚢炎になったら治療は?跡は残る?

一見ニキビ!?毛嚢炎の症状とできやすい場所

毛嚢炎は、毛穴に黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌が入ってしまうことにより、毛穴の奥の毛包に感染して炎症を起こしてしまう症状です。ニキビのようなブツブツができるので、一見ニキビと間違えてしまうのですが、ニキビの原因はアクネ菌なので同じではありません。

出展:リゼクリニック

ほとんどの場合、痛みやかゆみを感じることはありませんが、症状がひどくなると痛みを伴うこともあります。毛嚢炎ができやすい場所は、皮脂の分泌が多いところ、ムダ毛が濃くて蒸れやすいところです。具体的にはおでこや、脇、背中などですが、皮脂の分泌が多いところは個人差があるので、全身のどこにできても不思議ではありません。

レーザー脱毛で毛嚢炎ができる理由

レーザー脱毛を受けた後、毛嚢炎ができる理由は肌や毛穴がダメージを受けることです。毛抜きやカミソリによる自己処理のほうが、もっとダメージを与えてしまうのですが、クリニックでのレーザー脱毛であっても、ノーダメージではありません。

医療レーザー脱毛は、黒いメラニン色素をターゲットにして、熱により発毛を促す組織を弱らせるシステムです。毛根を破壊する目的の熱が、肌や毛穴にもダメージを与えてしまうことがあります。このダメージが、肌を守るバリア機能を弱らせてしまい、菌が入ってきやすい状態になってしまうのです。

普段の健康な肌の状態なら、バリア機能で菌の侵入を妨げることができるのですが、脱毛直後のダメージを受けた肌は、菌に対する抵抗力が弱まっています。毛穴から入り込んできた菌が毛包に感染し、毛嚢炎ができてしまいます。

毛嚢炎の治療と跡

脱毛をした後、毛嚢炎になってしまったら、脱毛の施術を受けたクリニックやサロンに連絡をしましょう。毛嚢炎は放っておいても、肌を清潔にしておけば、3~4日で治ることが多いです。気になるからといって、指で触ったり、つぶしたりするのは絶対にNG!指で触ることでさらに雑菌が入ってしまい、つぶすことで跡になって残ってしまいます。

脱毛したのがクリニックであれば、医療機関なので毛嚢炎の治療をしてくれます。症状に合う薬を処方してくれるでしょう。クリニックで処方してくれる薬は、ステロイド剤のことが多いです。症状が悪化してからだと、治療を受けても跡が残ってしまうことがありますので、毛嚢炎の症状が出たら早めにクリニックに相談しましょう。

後悔する前にまずは防ぐ!毛嚢炎の予防方法

レーザー脱毛には毛嚢炎のリスクもありますが、できれば毛嚢炎にならないようにしたいですよね。毛嚢炎の予防するためには、脱毛の前後だけではなく、日頃からの心がけが大切です。

まず、肌を清潔に保っておくこと。毛嚢炎は菌が入り込んでしまうことが原因なので、汗をかいた後はそのままにせず、シャワーを浴びるなど雑菌が繁殖しないようにしましょう。

そして保湿。潤い不足の肌はダメージを受けやすいです。元々、乾燥肌という人は特に保湿を心がけましょう。日頃から肌の保湿を心がけていれば、脱毛効果を高めることも期待できます。

また、毛抜きやカミソリなどによる自己処理で肌に負担をかけないこと。カミソリは剃るときに肌表面を削ってしまいますし、毛抜きは毛穴に大きな負担をかけます。肌のダメージを抑えることが毛嚢炎の予防につながりますので、常に肌を大切にするようにしましょう。

レーザー脱毛を始める前に!脱毛トラブルへの対応をクリニックごとに徹底比較

医療機関であるクリニックで行うレーザー脱毛であっても、肌トラブルが絶対にないとは言い切れません。しかし、万が一、施術によってトラブルが起きてしまった場合でも、即対応してくれるのがクリニックで脱毛を受けるメリットです。

各クリニックでは、脱毛トラブルが起きてしまったとき、どのように対応してくれるのか、解約するときの対応についても比較してみました。安心して脱毛に通えるように、クリニック選びの参考にしてください。

各クリニックの保証制度や途中解約比較

クリニック名 保証制度 途中解約
アリシアクリニック 施術後の薬代無料 解約手数料無料で未消化分返金
ただし支払い方法により別途手数料がかかることもある
湘南美容外科 テスト照射・薬塗布無料 解約手数料無料で未消化分返金
リゼクリニック 診察料、薬代、追加照射無料
硬毛化・増毛化保証
未消化分の料金の20%が解約手数料(最大5万円)
レジーナクリニック 施術によるトラブルの処置は無料
麻酔無料
未消化分の料金の20%が解約手数料(最大2万円)
クレアクリニック 毛嚢炎などの診察・薬の処方無料 途中解約制度あり
解約手数料無料で未消化分返金

毛嚢炎などのリスク説明や対応比較

クリニック名 リスク説明 対応
アリシアクリニック 公式サイトにリスク説明あり 万が一の肌トラブルのときには迅速かつ適切に対応
湘南美容外科 公式サイトにはリスクの説明はなし 万が一の肌トラブルのときにはドクターが適切な対応
リゼクリニック 公式サイトにリスク説明あり 診察料・薬代・追加照射について「完全無料保証」
レジーナクリニック 公式サイトに「カウンセリングでリスクについても説明」と記載あり 施術の不手際での炎症が確認される場合、処置・処方は無料
クレアクリニック 公式サイトに、毛嚢炎のリスク説明あり 診察・薬代無料

リゼクリニックは、公式サイトで脱毛を受けるにあたってのリスクを細かく説明した上で対応についても保証してくれています。クレアクリニックは、施術後にアーユルヴェーダを行うなど、アフターケアが充実しているため、脱毛によるトラブルは少ないとしながらも、診察・薬代は無料です。

肌の状態から脱毛可能かどうか、まずはカウンセリングで徹底的に聞くのが確実!

元々肌が弱い、アレルギーがあるという場合や、ほくろやアザがあるという場合、施術が可能かどうか悩みますよね。電話やメールで問い合わせをするのも良いのですが、まずはカウンセリングで状態をみてもらって判断してもらうのが確実です。

各クリニックでは無料カウンセリングを行っています。公式サイトにはっきりとした記載がなくても、実際にクリニックに行ってみて、肌の状態や悩み、毛嚢炎などのリスクを徹底的に聞くようにしましょう。アドバイスがもらえるはずですし、その内容で自分でも判断ができるでしょう。

リゼクリニック

リゼクリニックは、公式サイトでもしっかりと脱毛のリスクについての説明をしています。万が一、硬毛化・増毛化が起きてしまった場合でも、1年間の追加照射が保証されているので安心です。

レジーナクリニック

レジーナクリニックは、脱毛施術料金以外の追加料金は一切なしと明言しています。施術時に麻酔が必要になったときも無料対応してくれます。万が一、施術によって肌のトラブルが起きてしまった場合でも、診察料・薬代が無料です。

まとめ

レーザー脱毛で毛嚢炎ができてしまう原因は、レーザーの照射によりダメージを受けた毛穴から黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌が入り込んでしまい、炎症を起こしてしまうことです。予防する方法は、肌を清潔に保つこと、保湿を怠らないこと、自己処理で肌に負担をかけないことです。

万が一、照射により毛嚢炎などの肌トラブルが起きてしまった場合、医療機関であるクリニックなら、即対応をしてくれます。毛嚢炎は放っておいても治ることも多いですが、症状がひどくならないうちにクリニックに相談をしましょう。

各クリニックの脱毛施術を受けるリスク対応、途中解約に対する対応は多少違います。カウンセリングの際に、気になることはしっかりと確認してから、契約をするようにしましょう。