「レーザー脱毛を検討しているけど、医療脱毛にはどんなデメリットがあるの?」、「顔や脇を医療脱毛するメリットデメリットは?」

この記事では、医療レーザー脱毛のメリットとデメリット、さらに人気部位別の医療レーザー脱毛のメリットとデメリット、男性の髭脱毛のメリットとデメリットなども説明します。

契約前に医療レーザー脱毛のデメリットも詳しく知っておきたい人は、ぜひこの記事を役立ててください。

医療レーザー脱毛は、メリット・デメリットを知って上手に活用すべし

医療レーザー脱毛のメリット

脱毛効果が高い

医療レーザー脱毛のメリットは、サロンでの光脱毛より高い脱毛効果を期待できるということです。光脱毛の約3倍の効果があり、短期間で脱毛完了までいきます。脱毛サロンは「何年も通っているのに、まだ生えてくる」ということが起こりますが、脱毛クリニックは少ない回数で、脱毛効果を感じることができます。

ただし医療レーザー脱毛でも、脱毛機によって、レーザーの種類が違うので注意しましょう。日本で多く導入されているジェントルレーズという脱毛機は、アレキサンドライトレーザーです。黒色のメラニン色素に反応する脱毛機なので、色素が薄い産毛への効果は薄いです。

産毛への脱毛効果を得たい場合には、ダイオードレーザーの脱毛機を導入しているクリニックに通いましょう。ダイオードレーザーの脱毛機は、ライトシェアデュエット、ソプラノアイス・プラチナム、メディオスター、ベクタスなどです。

リゼクリニック

リゼクリニックでは、3種類の脱毛機を一人ひとりの肌質や毛質に合わせて、使い分けています。3種類のうち2種類は、ダイオードレーザーの脱毛機である、ライトシェアデュエットとメディオスターです。

クレアクリニック

クレアクリニックは、脱毛の仕上げにアーユルヴェーダオイルを使って保湿を行ってくれるのが特徴です。導入している脱毛機は2種類で、ダイオードレーザーのライトシェアデュエットとメディオスターです。

永久脱毛の効果もアリ

サロンでの光脱毛には抑毛効果しか期待できませんが、医療レーザー脱毛は永久脱毛ができます。永久脱毛の定義は、「一定の脱毛の施術を行った後、再発毛する毛が長い期間、減少していること」なので、一生1本の毛も生えてこないとは言い切れませんが、医療脱毛を受けると、ほとんど再発毛はしません

確実に永久脱毛効果を得るためには、ひとつひとつの毛穴に針を刺して電気を流すニードル脱毛がありますが、かなりの痛みを伴います。また、1本ずつの処理になるので、期間がかかるため、広範囲の脱毛には向きません。

トラブルが起こっても即対応してもらえる

医療レーザー脱毛は、医療行為に当たるため、医療従事者が常駐している医療機関でなければ行えない施術です。医療レーザーで使う脱毛機は出力が高いため、医療従事者ではない脱毛サロンのスタッフには扱うことができません。

医療レーザー脱毛はクリニックでの施術になるため、万が一、肌トラブルが起きてしまった場合でも、即、医師による治療が受けられます。脱毛サロンは、クリニックと提携していたとしても、クリニックほど迅速に対応してもらえません。クリニックでの医療レーザー脱毛は、元々敏感肌な人でも、すぐに適切な処置をしてもらえるという安心感があります。

医療レーザー脱毛のデメリット

費用が高い

医療レーザー脱毛のデメリットとして、サロンでの光脱毛よりも費用が高いということがあげられます。サロンでの光脱毛は、月額で支払えば、金銭的に大きな負担がなく通うことができます。

医療レーザー脱毛は効果が高い分、費用も高く、受けたくても受けられないというイメージがありましたが、最近になって、医療レーザー脱毛でも医療ローンを利用して脱毛サロン並のリーズナブルな料金で受けられるクリニックが増えてきました。効果が高く、料金が脱毛サロン並なら、医療脱毛のほうがいいと思う人も増えています。

レジーナクリニック

レジーナクリニックは、脱毛クリニック界に価格破壊を起こしたといわれるほど、安い医療脱毛料金のクリニックです。施術スピードも速く、通える間隔も短いため、最短8か月で脱毛完了ができます。

アリシアクリニック

アリシアクリニックは、月額制で支払えば脱毛サロン並の金額的負担で効果の高い医療脱毛が受けられます。学割制度や、ほかのサロンやクリニックからの乗り換え割引などもあり、上手に利用すれば、さらにリーズナブルな料金になります。

痛みが強く肌への負担が大きい

医療レーザー脱毛で使う脱毛機は出力が高いため、高い効果を期待できるのですが、威力が強いので痛みを伴います。痛みの感じ方には個人差がありますが、脱毛サロンでの痛みの少ない光脱毛に比べると、麻酔を使うほど痛いと感じる人もいます。

また施術後に、肌が赤く腫れてしまう危険性もあり、毛嚢炎や硬毛化のリスクもあります。ただ、毛嚢炎も硬毛化も、医療脱毛だけにリスクがあるわけではありません。光脱毛であってもリスクはあります。

施術時の痛みを少なくするためには、日頃からのスキンケアが大切です。特に保湿はしっかりと行うようにしましょう。脱毛で肌にダメージを与えたくないと心配な場合は、美肌効果も期待できるアレキサンドライトレーザー脱毛がおすすめです。

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックで使用している脱毛機は、アレキサンドライトレーザーのジェントルレーズです。激安のキャンペーンを実施していることも多く、全国に70院以上あるクリニックのどこに通っても自由、またコース消化の期限もありません

日焼け・ほくろ等には照射できない

医療用レーザーは、黒い色素に反応するため、日焼けをした肌や、ほくろ、タトゥーがある部分には照射できません。毛根にダメージを与える熱が、肌の黒い部分に反応してしまい、火傷を負うリスクがあるためです。

ただし、脱毛機によっては、色黒の肌や日焼けした肌にも照射可能な場合もあります。例えば、毛根の毛乳頭ではなく発毛を促すバルジ領域をターゲットとする脱毛機、メディオスターは、色黒肌でも照射可能です。

しかし日焼けした肌は軽い火傷状態であり、乾燥してしまっています。脱毛機の照射で負担がかかることで、肌トラブルを起こしてしまうこともあるので、脱毛施術中は日焼けしないように心がけましょう

いいことづくめとは言い切れない?人気部位別レーザー脱毛メリット・デメリット

顔脱毛

メリット

顔脱毛をするメリットは、顔の産毛がなくなることで肌のトーンが明るくなることです。また毛穴が引き締まり、肌のキメが整います。毛穴が開いていて汚れが詰まっているのが気になっていた人は、悩みが解消する可能性が高いです。

肌がきれいになることで、化粧のノリも良くなります。脱毛機がアレキサンドライトレーザーの場合、美肌効果も期待できるので、シミが薄くなることもあります。

デメリット

顔脱毛のデメリットは、顔にシミやあざ、ほくろがある場合、火傷をしてしまう可能性があることです。また、肌がデリケートな部位なので、毛嚢炎になる可能性もあります。

しかし、火傷を負ってしまいそうなシミやあざ、ほくろがある場合は、照射の際に施術者が、レーザーが当たらないようにシールを貼るなどの対処をしてくれます。ほくろに毛が生えているのが気になるという場合には、ニードル脱毛で対応してくれるクリニックもあります。

メンズ髭脱毛

メリット

男性で髭脱毛をする人が増えています。髭が濃い人だと1日に何度も剃らなくてはならず、手間がかかりますが、髭脱毛をすれば髭剃りのわずらわしさから解放されます。医療脱毛には永久脱毛の効果があるので、1回完了すれば、青髭から完全に卒業できます。

また、髭が濃いと、ついつい深剃りをしてしまい肌を傷つけてしまうこともありますが、医療脱毛を受ければ、自己処理による肌荒れもなくなります

デメリット

髭脱毛をすることのデメリットは、髭がなくなることで、鼻下に汗がたまりやすくなることです。また、医療脱毛は永久脱毛効果があるので、施術をすると毛が生えてこなくなります。デザイン性を持たせた形に脱毛をした場合、形を変えたいと思っても変えることができません。

髭脱毛をする場合には、後のことも考えて、あまり奇抜なデザインにしないようにしましょう。後悔することのない脱毛をすることが大切です。

脇脱毛

メリット

脇脱毛のメリットは、脇毛の自己処理をしなくて良くなることです。季節を問わず、常に自己処理によるざらつきやブツブツ、脇ニキビなどに悩まされていた人は、ツルツルの脇になり、悩みから解放されます。

オシャレをしても、脇毛がポツポツ生えていたのでは台無しです。脇脱毛をすれば、ノースリーブのファッションも、思いきり楽しむことができるようになりますよ。

デメリット

脇脱毛のデメリットは、脇のムダ毛がなくなることで、汗ばみやにおいが強くなったように感じることです。特に、脇の脱毛をした後、汗をかくようになったと感じる人は多いです。しかし、脱毛をしたから汗をかくようになるということに根拠はなく、脇毛がなくなったことで、かく汗が気になるようになるのではないかと言われています。

また、脇脱毛をすることで、色素沈着や肌が乾燥してしまう可能性を心配する人もいます。色素沈着は、むしろ脱毛施術を受けずに自己処理で負担をかけてしまうことで起こります。脱毛の照射をすることで、肌は一時的に乾燥しますが、照射後に保湿を心がけるようにすれば乾燥肌になってしまうことはありません。

ひじ下脱毛とひざ下脱毛

メリット

ひじ下やひざ下は目につきやすい部位のため、毛深いと気になります。そのため自己処理を毎日のようにしている人もいるでしょう。ひじ下が毛深いと、腕まくりをするときにも気になりますし、ひざ下が毛深いと薄手のストッキングを履いたときに毛が渦巻いているのが見えて、汚いです。

医療レーザー脱毛を受ければ、自己処理不要で、自信を持って腕や足を出すことができるようになります。

デメリット

ひじ下やひざ下のムダ毛は、細く多数生えていることがあり、脱毛に時間がかかります。気長に繰り返し施術を受ける必要がありますが、医療脱毛を受ければ、永久脱毛ができます。自己処理を続けるよりも、結果的に時間の節約になります。

まとめ

医療レーザー脱毛のメリットは、サロンでの光脱毛よりも効果が高く、永久脱毛ができ、肌トラブルが起きても即対処してもらえることです。デメリットは、費用が高く、痛みが強く、ほくろ部分などは火傷のリスクがあることです。

顔脱毛をすることで、毛穴が引き締まり肌のキメが整いますが、シミの部分は火傷のリスクがあります。男性の髭脱毛のメリットは自己処理から解放されること、デメリットは鼻の下に汗がたまりやすくなることです。

脇脱毛のメリットは、自己処理をしなくなることにより脇の肌トラブルがなくなること、デメリットは脇に汗をかきやすくなることです。ひじ下やひざ下の脱毛は、期間がかかることがデメリットです。医療レーザー脱毛をしたい人は、メリットとデメリットを参考にして、自分に合ったクリニック選びをしてくださいね。