ムダ毛が気になる部位は多くても、女性なら、とにかく脇脱毛だけはしておきたいですよね。どんなに日頃オシャレをしていても、薄着をしたときにチラッと脇毛が生えているのが見えてしまったら台無しです。

この記事では、自宅でできるセルフ脇脱毛の方法自宅でセルフ脇脱毛できる家庭用脱毛器のメリットとデメリット自宅でのセルフ脇脱毛よりサロンに通うメリットについて説明します。

脇毛の処理を自宅で使用としている人、また、処理方法に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてくださいね。

自宅で行うわき毛処理の定番って?自宅セルフ脇脱毛にはどんな方法があるの?

自己処理の定番はやっぱりカミソリ

脇毛の自己処理の定番はカミソリです。価格も安く、手軽に入浴のついでに処理できますよね。脇は範囲も狭いですし、小さなカミソリで剃っても、すぐに終わります。しかし、この手軽でリーズナブルなカミソリでの自己処理は、肌に負担をかけています

カミソリで毛を剃ると、同時に肌の表面も削っていることになります。カミソリでの自己処理だと、またすぐに毛が生えてきてしまい、毛穴がぶつぶつ、ざらざらしてきます。そのため処理間隔が短くなり、その分、負担も大きくなります。

肌への負担が重たくなってくると、黒ずみが起きてきたり、色素沈着が起きてしまったりと、肌トラブルにつながることになります。また、頻繁に処理を繰り返すことで、カミソリ負けも起こしてしまいます。

電気シェーバー

脇脱毛の自己処理方法で、肌への負担が少ないのは電気シェーバーを使う方法です。刃が肌に直接触れないように設計されているため、摩擦が少なくて済みます。肌はダメージを受けると、肌を守るために角質が厚くなりますが、電気シェーバーを使う処理方法なら、角質が厚くなることもありません

自己処理をするなら電気シェーバーを使うのがおすすめですが、デメリットもあります。それほど高額ではないとはいえ、カミソリよりは価格が高いということ、また、充電が必要なので手入れが面倒くさいことです。

さらに、ムダ毛処理は誰にも気づかれないように、こっそりとしたいものですが、電気シェーバーを使うときには音がうるさいということもあります。出先でちょこっとやってしまいたいときに、不便ですね。

毛抜き

脇毛の自己処理に、毛抜きを使う方法もあります。毛抜きは安い値段で買えますし、カミソリのように数回使って買い替える必要もなく、壊れるまでずっと使えます。そして、毛根から毛を抜くので、カミソリでの処理に比べると、生えてこない期間が長いです。

しかし毛抜きでの処理は、毛穴から毛を引っこ抜くことになるため、肌に大きな負担を与えます。途中で切れた毛が皮膚の下で伸びて、埋没毛の原因になったり、毛穴が傷つくことで、毛嚢炎などのトラブルを起こしたりしやすいです。

また、根元から毛を引き抜いてしまうため、汗や皮脂がぽっこりと開いた毛穴にたまりやすく、においの原因になってしまうこともあります。

ブラジリアンワックス

ムダ毛処理の方法として、ブラジリアンワックス使う方法も人気があります。ブラジリアンワックスは、ジェル状のワックスを塗って、一気にはがすという脱毛法です。毛根から引き抜くことになるため、毛が無い状態を長く保つことができます。また古い角質も一緒に取り除くことができます

しかし毛抜きと同じで、毛根から無理に毛を引っこ抜くことになるため、埋没毛の原因になってしまうこともあります。また、毛穴が傷ついてしまい、炎症を起こしやすくなります

除毛クリーム

除毛クリームは市販で簡単に手に入るので、気軽にできる脱毛法です。毛のたんぱく質を溶かす成分を含んだクリームを塗り、脱毛するというシステムです。塗って拭き取るだけなので、簡単にできて痛みもありません

ただし、毛のたんぱく質を溶かす成分が、肌の角質まで溶かすことがあります。特に肌が弱い人は、肌が赤く腫れてしまうなどの肌トラブルが起きる可能性も高いです。皮膚が弱いデリケートな部位には、絶対に使ってはいけません。元々、炎症があるという人は、脱毛クリームを使うことで悪化してしまう恐れもあるので要注意です。

脱毛テープ・テープを剥がして貼るだけで簡単

脱毛テープを使って脱毛するという方法もあります。脱毛テープを脱毛したい部分に貼り付けてはがすだけなので、簡単です。貼ってはがすという点では、ブラジリアンワックスと似ていますが、脱毛テープのほうがより手軽で簡単に脱毛が可能です。

脱毛テープも根元から引き抜くので、剃る処理法よりも、毛が生えない期間が長く続きます。ただし、脱毛テープの粘着力はあまり強くないため、太くて硬い毛は抜けにくいというデメリットがあります。また、脇専用のテープは少ないので手に入れるのに手間がかかります。

自宅でできる自己処理で脱毛できるのは家庭用脱毛器だけ

説明してきた自己処理方法は、厳密にいうと脱毛ではなく除毛です。カミソリや毛抜き、クリームやワックスなどは、一時的に毛を取り除くだけで、また生えてくるので脱毛とはいえません。自宅で脱毛できるのは、家庭用脱毛器を使う方法だけです。

自宅でセルフ脇脱毛できる家電脱毛器ってなに?メリットとデメリットは?

家庭用脱毛器は脱毛サロンでも使われている光脱毛器が主流

自宅でセルフ脇脱毛をしたかったら、家庭用脱毛器を使うしかありません。家庭用脱毛器は、脱毛サロンで導入されている光脱毛を行うものが主流です。脱毛に合う波長の光を脱毛したい部位に当て、毛の黒いメラニン色素をターゲットにして、発毛組織にダメージを与えます。使用することで、毛を抜けやすく生えにくくします。

家庭用脱毛器で有名なのは、フラッシュ式の光脱毛ができるケノンです。光脱毛器のほかには、脱毛クリニックで行うのと同じ、家庭用のレーザー式脱毛器も販売されています。

メリットは気軽さと価格

家庭用脱毛器を使うメリットは、気軽さがあげられます。いつでも好きな時に、自宅でできるのでラクです。サロンで脱毛してもらうには、通わなくてはならず、予約も取らなくてはいけません。

また、サロンに通うと、脱毛部分をスタッフに見せることになります。スタッフはプロなので、恥ずかしさを感じる必要はないとはいえ、抵抗を感じる部位もあります。家庭用脱毛器なら、ムダ毛を人に見せることなく脱毛ができるので、恥ずかしさもありません。

サロンもキャンペーンを行うなどして、安く脱毛ができるようになっていますが、満足できるまで通うとなると、まとまったお金が必要になります。家庭用脱毛器の価格帯は広く1~9万円程度までありますが、サロンに通うより経済的なこともあります。照射のレベルを自分で調節できるので、自分に合ったレベルで施術ができるのもメリットです。

デメリットは面倒くささ・完全に脱毛できるまで時間がかかる

家庭用脱毛器のデメリットは、全部自分でやらなくてはいけないので面倒というところです。サロンやクリニックに通えば、施術も肌トラブルへの対処もしてもらえます。家庭用脱毛器は、施術を行う間隔もすべて自己管理で、調整しながら行わなくてはなりません。

また、家庭用脱毛器は業務用脱毛器よりも出力をおさえてあります。効果が出にくく、途中で嫌になってしまう可能性もあるので、根気が必要です。また、早く効果を出したいからといって長く照射をしたり、間隔を考えずに照射をしたりすると火傷やかぶれなどの肌トラブルを起こしてしまうこともあります。

家庭用脱毛器での脱毛を成功させるには、根気強さと、きちんとマニュアルを読んで照射を行い、アフターケアも怠らない細やかさが必要です。

家庭用脱毛器を使った際の肌トラブルの対処法

家庭用脱毛器を使うにあたって、肌トラブルを起こさない方法を紹介します。まず、脱毛直前直後だけではなく、普段からの肌のケアを行っておくことです。特に保湿は大切です。乾燥した肌では、照射が届きにくく、痛みを伴ってしまいます。また照射後は熱により、肌の水分を奪われているので、たっぷりと保湿しましょう。

脱毛をしている間は、日焼けをしないように心がけなければいけません。日焼けした肌は、軽い火傷状態で乾燥しています。照射を行っても、充分な効果を得ることができません。家庭用脱毛器で照射を行った後は、施術した部分を冷やしてほてりをしずめ、保湿をするなどのアフターケアをしっかりとすることが大切です。

自宅でのセルフ脇脱毛よりサロンでの脇脱毛がおすすめ?サロンのメリットは?

自己処理では失敗やトラブルが多いのでサロンに通う方がいい

説明したように、自宅でのセルフ脇脱毛は、自宅で簡単にできる反面、肌トラブルや処理のし忘れなども多いです。肌トラブルが起きてしまった際にも、素人では適切に処置できずに、悪化させてしまう危険性もあります。

肌への負担が重くなりダメージが強くなると、色素沈着を起こし黒ずみの原因になってしまいます。肌をきれいにするための脱毛施術で、肌が汚くなってしまうのは避けたいですよね。サロンに通い、プロの手に任せれば、失敗やトラブルが起きることはなく、安全に脱毛ができます

わきの下の黒ずみやぶつぶつ、炎症などのダメージを解消できる

脇の皮膚は薄く、デリケートです。脇の毛は元々濃いことが多く、自己処理を重ねることで、断面が太くなり、余計濃く見えるようになってしまうこともあります。自己処理をしていても、肌がぶつぶつしてきてしまうこともあるでしょう。

きれいな脇になりたくて、念入りに自己処理することでさらに肌に刺激を与え、黒ずみの原因になってしまうこともあります。プロに任せれば、黒ずみやぶつぶつ、炎症などのダメージを解消できます。

脇のにおいを解消できる

脇のムダ毛を生えたままにしておくと、においの元となる雑菌の温床になってしまいます。毛抜きなどで自己処理をしている場合には、開いた毛穴に皮脂などがたまり、においの原因になってしまうことも。

サロンで施術を受け、毛根から自然に毛が抜ける脱毛をすれば、毛量もどんどん減っていきます。毛穴が開いたままということもなく、毛穴はキュッと締まるので、肌も滑らかになり、皮脂がたまることもありません

脇脱毛は1回の施術時間が短く低価格でできる

脇の脱毛は範囲が狭いので、基本的に30分程度で施術が終わります。脱毛の人気部位でもあるので、各サロンで毎月キャンペーンなどを実施していることが多いです。料金も安く、気軽に脱毛に通える部位です。

プロの手による施術で安心

サロンで脱毛の施術を受けるメリットは、プロによる施術のため、安全で安心なことです。家庭用脱毛器を使う自己処理だと、中々効果が出ず、途中で嫌になってしまうこともありますが、プロの手に任せれば、満足できるまでしっかりと施術を行ってくれます。

また、自己処理を重ねることで肌トラブルを起こしてしまうこともありますが、プロに任せれば肌トラブルの危険性は低いです。万が一、施術によって肌トラブルが起きても、対処してもらえるので安心です。

安心して通える低価格のおすすめサロン

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムは激安キャンペーンを実施している人気のあるサロンです。両わき脱毛については、通い放題プランを激安料金で実施中です。ほかのコースに勧誘されることもなく、満足いくまで脱毛を受けることができます。

ジェイエステティック

ジェイエステティックは、脱毛に力を入れているエステサロンです。リーズナブルな料金で脱毛に通うことができ、両わき脱毛のキャンペーンも行っています。脱毛が初めての人限定ですが、5年間無料保証付きで、満足するまで脱毛することができます。

銀座カラー

銀座カラーは学割や、ほかのサロンからの乗り換え割引などのキャンペーンを行っているサロンです。両わき脱毛はデリケートチョイスの中のコースで、8回のコースと脱毛し放題のコースが用意されています。

キレイモ

キレイモは全身脱毛専門サロンです。脇脱毛だけのコースはありませんが、ついでに全身脱毛をしてしまおうという人にはおすすめです。学割や、ほかのサロンからの乗り換え割などもあり、リーズナブルな料金で脱毛に通うことができます。

まとめ

自宅で行うセルフ脇脱毛の定番は、カミソリを使う方法です。ほかには電気シェーバー、毛抜き、ブラジリアンワックス、除毛クリーム、脱毛テープを使う方法があります。しかしこれらは、一時的に毛をなくす方法のため、脱毛がしたかったら家庭用脱毛器を使う必要があります。

家庭用脱毛器はマイペースでできるので便利でリーズナブルですが、根気よく肌トラブルに注意しながら続ける必要があります。安全できれいに脱毛をしたいのなら、脱毛サロンに通い、プロに任せれば、肌トラブルの危険性もなく、ツルスベの脇を目指せるのでおすすめです。