脇毛を処理する時に気になる脇の黒ずみ。この黒ずみが脇脱毛をすることで解消されるのをご存知でしょうか。

脇に黒ずみができる原因脇脱毛が黒ずみにもたらす効果について解説します。また、脱毛後に黒ずみができてしまった時の対策と予防法についても紹介します。

脇の黒ずみ対策にクリニックがおすすめの理由もまとめているので、参考にしてください。

ブツブツしていて不快感!脇に黒ずみができる原因とは?

自己処理による色素沈着でできた黒ずみ

黒ずみなどの色素沈着の原因は間違った自己処理によるものが大半です。脇のムダ毛処理では多くの人がカミソリや毛抜を使用して行う場合がほとんどでしょう。

しかし、カミソリでの自己処理はムダ毛と一緒に皮膚の表面も削ってしまい肌に大きなダメージを与えています。その結果、肌のターンオーバーが正常に働かなくなってしまい黒ずみなどの色素沈着ができてしまいます。

また、毛抜きでの処理では、無理やりムダ毛を抜くことで埋没毛の原因になってしまいます。埋没毛とは傷ついた毛穴が肌の傷を修復する時に毛穴の出口を塞いでしまい、成長した毛が外に出られず埋もれてしまうことです。皮膚の表面から伸びてしまった毛が透けて見えるため、その部分が黒ずんで見えてしまいます。

埋没毛が成長するにつれて内側から皮膚を押し上げるので、ブツブツした見た目にもなってしまいます。

毛穴のつまりによる黒ずみ

自己処理だけでなく、毛穴に皮脂や制汗剤などの汚れが詰まることによって黒ずんで見えるケースもあります。

毎日の入浴の際、ボディーソープや石鹸を泡立出ず、軽く洗い流している人は要注意です。ボディーソープや石鹸はしっかりと泡立てなければ、毛穴の洗浄ができません。しっかりと汚れを落としきらなければ、毛穴に残った汚れが酸化してしまい黒ずみの原因になってしまいます。

摩擦や乾燥による黒ずみ

脇は服と服との摩擦が起きやすい部位です。摩擦が多いと肌がこすれてしまい黒ずみの原因となってしまいます。

また、服の摩擦や自己処理によって脇が乾燥している場合も黒ずみの原因になります。肌は乾燥すると外部からの刺激を強く感じてしまうので皮膚を守ろうとして肌が厚みを増してしまい、黒ずんでしまうことがあります。

黒ずみにできる対処法って何かあるの?

埋没毛が原因の黒ずみの場合は自然に出てくるように促す

黒ずみの原因が埋没毛だった場合、中の成長した毛を抜こうと、無理やりほじくり返してしまうことは禁物です。さらに毛穴を傷つけ、肌の炎症が悪化する原因になります。

埋没毛になってしまった場合は、クリームで保湿して自然に毛が出てくるように促す方法がおすすめです。

その他、スクラブやピーリング剤を用いて古い角質を落として、伸びた毛が自然と皮膚の外に出てくるようにターンオーバーを促しましょう。

毛穴のつまりによる黒ずみの場合はクレンジングオイルや重曹を使う

汚れが毛穴に詰まって黒ずんでしまっている場合は、クレンジングオイルや重曹を使って汚れを落とすのがおすすめです。

クレンジングオイルを使用する場合は、週2~3回程度を目安に優しく撫でるように汚れを洗い落としましょう。

重曹を使うケア方法は、重曹と水を1:1で混ぜペースト状にし、脇に塗り込み10分程度パックします。その後は、通常通り優しくきれいに洗い流して、保湿ケアをしてください。重曹は粒が荒いため、強くこすると肌を傷つけてしまう恐れがあるので注意して行ってください。週に1回を目安に行うと効果的です。

摩擦や乾燥による黒ずみには保湿ケアを重点的に行う

摩擦や脇の乾燥を起きにくくするためには日ごろからの保湿ケアが欠かせません。自己処理の後はもちろん、デイリーケアとして脇を化粧水やクリームを使ってしっかり保湿してください。

保湿ケアを続けていくことで、埋没毛や毛穴の詰まり、黒ずみを予防することもできます。肌トラブルがない場合は、保湿後に、美白成分が配合されているクリームを塗るとより効果的です。

ムダ毛も黒ずみも両方気になるならプロによる脇脱毛がおすすめ

脇の黒ずみの原因の大半は間違った自己処理によるものが大半です。毎日しっかりと洗い、保湿ケアを行って毛穴の汚れや乾燥などを防いでいても、ムダ毛処理の時に皮膚に強い刺激を与えていては黒ずみや色素沈着はなくなりません

ツルツルしたきれいな脇を目指すなら今すぐ間違った自己処理を止め、プロに脱毛してもらうことをおすすめします。脱毛することで自己処理の頻度が減り肌への負担が少なくなるので、肌自体もきれいになります。

脇の黒ずみには医療クリニックでの脱毛がおすすめ

脱毛サロンとクリニックの違い

脱毛サロンとクリニックの大きな違いは脱毛機の威力です。クリニックでは医療レーザーを用いて脱毛します。威力が強いため毛根組織を破壊できるパワーがあり、施術1回の効果が高いです。そのため、脱毛完了までがスピーディーです。毛根組織を破壊しているため毛の再生率も低く、永久脱毛と同等の効果が得られます。

しかし、毛根組織を破壊することは医療行為に当たるため、医師が常駐していないエステサロンでは出力を弱めた脱毛機しか使えません。そのため、サロンの脱毛は効果が出にくく、脱毛完了までの施術回数が多くなってしまうのです。

「夏までに脱毛したい」など、脱毛までの期間が限られていることが多い脇脱毛の場合、完了までの施術回数が少なく済むクリニックの医療脱毛の方がおすすめです。

医療レーザーは黒ずみに効果的

クリニックで使用している脱毛用のレーザーはムダ毛の黒色のメラニン色素に作用しています。そのため、ムダ毛に照射する時に毛根だけでなく、皮膚の表面に近い部分にあるシミや黒ずみもレーザーの光に反応します。

レーザーの光エネルギーによって肌の新陳代謝が促され、ターンオーバーが活性化されるため、脱毛と同時に肌の黒ずみも一緒に改善されるのです。

また、サロンでは脱毛に通い続けなければ脱毛効果は持続されませんが、医療脱毛は永久脱毛と同等の効果があるので、脱毛の回数を重ねるほど自己処理の頻度が減ります。結果として毛が生えなくなるので、自己処理の刺激が原因で黒ずみになる可能性がなくなるのです。

脇脱毛なら湘南美容クリニックが料金も安く、痛みが少ない脱毛機を採用しているのでおすすめです。

脇脱毛には湘南美容クリニックがおすすめ

湘南美容外科

脇のレーザー脱毛が1回500円、6回1,000円とサロン並みの価格で施術できるクリニックです。

ほとんどの院で黒ずみ改善に効果があり、痛みも少ない「ウルトラ美肌脱毛」が受けられるので、黒ずみに悩んでいる人や痛みが心配な人も安心です。

全国に多数の院があり、院への移動は自由なので、予約も取りやすいです。

脱毛後も気を抜けない。脱毛後のぶつぶつや黒ずみの原因と対策は?

脱毛後にできるぶつぶつの原因と対策

脱毛後に毛穴がブツブツになったり、赤くなったりしてしまった場合、炎症性浮腫毛嚢炎アレルギーの3つの原因が考えられます。

炎症性浮腫

炎症性浮腫とは、毛穴周りの皮膚に炎症が起きて赤みが発生してしまっている状態のことです。主に照射出力が高い場合に起こることが多く、医療脱毛で起こりやすいです。

炎症による赤みは冷却や保湿を行うことで数日~1週間以内に治まりますが、心配な場合は自己判断せず通っているクリニックや皮膚科医に相談することをおすすめします。

毛嚢炎

毛嚢炎は肌のバリア機能が弱っている時に、毛穴に雑菌が入り込んで起こります

痛みやかゆみがない場合が多く、1~2週間程度で自然に治ることもありますが、医師の指導に従って治療をした方が良いでしょう。抗真菌薬やステロイド剤などを処方してもらえます。

アレルギー

脱毛の光が肌に合わずアレルギー反応が出てしまうことがあります。これを光アレルギーと呼びます。

症状としては赤みやかゆみが伴う場合が多く、冷やすことでかゆみを抑えることができますが、自己判断せず皮膚科を受診することをおすすめします。

脱毛後にできる黒ずみの原因と対策

脱毛を始めて脇がきれいになってきたからと言っても気を抜けません。脱毛した後に黒ずみができてしまい黒く目立ってしまうケースもあります。原因として考えられることは、皮膚の内部に毛穴が残ってしまっている毛穴の汚れが酸化してしまっている乾燥と紫外線です。

皮膚内部に毛根が残っている場合

脱毛してもその場ですぐ毛が抜けるわけではありません。照射してからおおよそ1~3週間しないとムダ毛は抜け落ちないのですが、抜け落ちる前のムダ毛が肌表面に出てくることで毛穴が黒ずんで見えてしまうことがあります。

脱毛後であってもなるべく肌を刺激しないようにして、脱毛前の事前処理は電動シェーバーを使って行うようにしましょう。また。保湿ケアを欠かさないことで肌の新陳代謝を促し、黒ずみの解消へと繋がります。

毛穴の汚れが酸化してしまっている場合

脱毛してムダ毛がなくなったことで、新たにその毛穴に皮脂などの汚れが溜まって酸化してしまうケースもあります。汚れが詰まり、酸化してしまうと毛穴が黒く目立ってしまう原因になります。

毛穴に汚れをため込まないために、日ごろから脇を洗う時は、泡立てた石鹸で優しく撫でるように洗浄するようにしましょう。洗い終わった後は保湿ケアを徹底してください。

また、ピーリングや重曹等を使って毛穴の汚れを洗浄しても黒ずみが改善されない場合は、皮膚科で毛穴汚れを落としてもらうこともできます。

紫外線や乾燥が原因の場合

脱毛して脇がきれいになるとノースリーブなど脇を露出する服を着たくなると思いますが、脱毛後の肌は非常にデリケートなので、いつもより熱を吸収してしまい、色素沈着の原因になってしまいます。

なお、脱毛後でなくても紫外線は黒ずみなどの色素沈着の原因になりうるので、日ごろから日焼け止めでしっかりケアしてください。

また、脱毛後の肌は照射の熱でいつもより乾燥しています。乾燥した肌は通常よりも外部の刺激を過度に感じてしまうので、黒ずみなどの色素沈着ができやすくなります。いつもよりも入念に保湿ケアを行ってください。

脱毛後のぶつぶつや黒ずみの予防法とは?

保湿ケアが充実している脱毛サロンを選ぶ

黒ずみを解消するにはサロンの光脱毛よりもクリニックの医療レーザー脱毛の方が効果的です。

しかし、クリニックはあくまでも病院での治療と同じような立ち位置なので、薬の処方等はしてくれますが、保湿などのアフターケアには重点を置いていません。保湿などのケアは自己管理して行わなければなりません。

効果よりも美容やケアを重視するなら、エステサロンが行っている脱毛の方がオプションが充実しています。ミュゼプラチナムでは、肌に優しいS.S.C脱毛で施術を行い、脱毛後の保湿ケアにも力を入れています。

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムは部分脱毛が安いサロンです。月々のキャンペーンが豊富で格安で脱毛できます。脇脱毛は、ミュゼが初めての人ならVラインもついて100円で通い放題で脱毛できます。

S.S.C脱毛を採用していて、ジェルと光の相乗効果で脱毛します。ジェルには抑毛成分と美肌成分が配合されていて肌に優しいです。施術後はオリジナルのミルクローションで保湿ケアをしてくれます。肌が弱い人でも安心して通えるサロンです。

毛穴が開く原因になることは控える

脱毛後は運動を控えるようにサロンやクリニック側から注意を受ける場合がほとんどです。その理由の1つとして、激しい運動をしてしまうと毛穴が開いてしまう原因になるからです。毛穴が開いてしまうと雑菌も入り込みやすくなってしまいますし、皮脂などが入り込みやすくなり黒ずみの原因になってしまいます。

脱毛当日には激しい運動や、汗をかくような飲酒やサウナなども控えるようにしましょう。

脱毛当日のお風呂はNG

脱毛後は照射の強い光によって、肌がダメージを受けています。その結果、肌のバリア機能が低下しているため、毛穴に雑菌が入りやすい状態になっています。

毛嚢炎などによる黒ずみを避けるためにも、脱毛当日の入浴は避け、シャワーのみにしましょう。

また、脱毛後は照射の熱によって肌が炎症を起こし、軽いやけど状態になっています。お風呂に入り、体を温めてしまうとやけどが悪化する原因にもなります。悪化してしまうと、赤みやかゆみが引くまで脱毛できないので充分に気を付けてください。

まとめ

脇の黒ずみなどの色素沈着の原因には間違った方法での自己処理や、毛穴のつまり摩擦や乾燥があります。それぞれの原因別の対処法はありますが、脇のムダ毛処理を続けている以上黒ずみはなくなりません。ムダ毛も黒ずみも気になる人はクリニックでの脱毛をおすすめします。

しかし、脱毛後であっても毛穴のぶつぶつや黒ずみの危険性は潜んでいます。毛穴がぶつぶつしたり赤くなったりするのは施術が原因の場合がほとんどです。セルフケアで治る場合もありますが、自己判断せず皮膚科を受診しましょう。

黒ずみの場合は、皮膚内部に毛根が残っている毛穴の汚れが酸化してしまっている紫外線や乾燥などの原因が考えられます。

脱毛後のぶつぶつや黒ずみを防ぐ方もあるので、この記事を参考にきれいな脇を手に入れてください。