脱毛クリームと除毛クリームの違いを、知っていますか?この2つは呼び方が違うだけで、中身はまったく同じものです。

ここでは、脇脱毛で除毛クリームを使いたい人のために、除毛クリームの上手な使い方と、肌トラブルを避けるための対策方法を紹介します。

除毛クリームを選ぶときのチェックポイントや、除毛クリームのメリット・デメリット、除毛クリームでの自己処理に不安がある人におすすめのムダ毛処理方法も紹介します。

除毛クリームと脱毛クリームの違いって何?脇を脱毛するにはどうやって使うの?

除毛クリームと脱毛クリームは同じもの

除毛クリームと脱毛クリームはネーミングが違うだけで、主成分や効果は同じです。どちらも、毛を溶かす成分が配合された除毛剤を塗ることで、肌の表面に出てきている毛を取り除くための医薬部外品です。

毛を溶かすための主成分は、「チオグリコール酸カルシウム」というアルカリ性の成分で、タンパク質を溶かす作用によって除毛効果が得られます

女性用だけでなく、男性用の除毛クリームも売られています。

一度に広範囲を手早く処理できるので手軽ですが、あくまで見えている毛を処理するだけのものなので、何日か経つと再びムダ毛が目立ってきます。

使い方は4ステップ

①脇にクリームを塗る
適量の除毛クリームを、すり込まないように脇に塗ります。除毛クリームの効果を最大限に発揮するには毛先ではなく、毛の根元にクリームがしっかり行き渡ることが大切です。ケチらずにたっぷり塗るのがポイントです。

塗り終えたら、すぐに手についたクリームを洗い流しましょう。除毛クリームは肌のタンパク質も溶かすので、そのままにしておくと手荒れしてしまいます。

ヘラが付属している製品の場合は、付属のヘラで塗ると手荒れを防げます

なお、デリケートゾーンのI/Oラインへは粘膜があって危険なので、使用しないようにしましょう。

②待つ
除毛クリームを塗ったら、しばらくそのまま待ちます。放置時間は製品によって異なりますが、だいたい10分前後のものが多いです。

各製品の説明書に放置時間が記載されているので、その指示に従うようにしましょう。

除毛力を高めたいという理由で、説明書の指示より長く放置する人もいますが、炎症を起こすなどのトラブルの原因になるので危険です。

③ティッシュで少し強めの力で拭き取る
待っている間に、根元から千切れた毛が除毛クリームに混ざっている状態になります。

所定の時間が過ぎたら、ティッシュペーパーを使って、少し強めの力で除毛クリームを拭き取りましょう

④洗い流す
除毛クリームをあらかた拭き取ったら、シャワーでよく洗い流します。肌に除毛クリームが残っていると、肌荒れなどの原因になります。

シャワーは水かぬるま湯にしましょう。熱いお湯は肌を乾燥させるので、除毛クリームでダメージを受けた肌には不向きです。

洗い流しのときに石鹸などで洗う場合も、低刺激なものを使うとよいです。

除毛クリームによる肌トラブルの対処法

使う前には必ずパッチテストを行う

除毛クリームを使うときは、必ず先にパッチテストをしましょう。除毛クリームは成分が非常に強いため、肌質などによっては痛みやかぶれが出て使えない人もいます。

除毛クリームのパッチテストの場合は、説明書に書かれている放置時間の間だけ塗ります。

放置時間が10分と書かれている製品なら、10分でパッチテストは終了です。

パッチテストの途中で痒みや痛みなどの刺激を感じた場合は、まだ時間が残っていてもすぐに洗い流してください。

パッチテストで刺激を感じたり、肌に異常が出たりした除毛クリームは、肌に合わないので使わないようにしましょう。

アフターケアをしっかりする

除毛クリームを使ったときは、アフターケアもしっかり行いましょう。除毛クリームを使用した肌は、見た目に分からなくてもダメージを受けていて、ほてりが生じています

肌のほてりは、炎症の前段階です。そのままにしておくと重い肌トラブルに繋がることもあります。

除毛クリームを洗い流した後は、水で冷やしたタオルなどでよく冷却すると、炎症を抑えるのに役立ちます。

肌がよく冷えたら、低刺激なクリームなどで保湿しておきましょう。保湿ケアも、肌トラブルを防ぐために大切です。

除毛クリームを選ぶポイントは?

価格を参考にする

除毛クリームを選ぶ際のポイントの一つは、価格です。除毛クリームは、だいたい1,000~3,000円程度が相場で、価格帯が広めです。

継続して何本も使っていくものなので、無理なく続けられる値段の製品を選ぶのがよいでしょう。

成分をよくチェックする

除毛クリームは、どの製品も主成分に「チオグリコール酸カルシウム」が配合されています。「チオグリコール酸カルシウム」は刺激が強く、肌への負担も大きい成分です。

除毛クリームの中には、肌への負担を考慮して、さまざまな美容成分を配合している製品もあります。

除毛クリームを選ぶときは成分もよく確認し、敏感肌用のものなど、保湿成分や美肌成分などの肌によい成分が配合されているものを選ぶとよいです。

美容成分があまり入っていない製品に比べると、肌荒れなどを起こしにくいものが多いです。

香りを参考にする

口コミなどを参考に、香りも調べておくとよいです。除毛クリームは、パーマ液のようなツンとする臭いがするものも多く、使用中の刺激臭を苦痛に感じる人もいるからです。

製品によっても臭いの強さが異なり、刺激臭が少ない製品もあります。刺激臭が苦手な人は、なるべく臭いがきつくない製品を探してみましょう。

なお、除毛クリームの使用中は必ず、部屋を換気するようにしましょう。密室で使用すると、臭いで気分が悪くなることもあります。

口コミをチェックする

除毛クリームを購入する前に、口コミもチェックすると安心です。「臭いが強い」という口コミや、肌トラブルを訴える口コミが多い製品は、避けた方が無難です。

メーカーの公式サイトに口コミが掲載されていることもありますが、できれば楽天市場やAmazonといった、オンラインモールなどの商品レビューを参考にするのがおすすめです。

オンラインモールの商品レビューでもやらせの口コミが皆無ではありませんが、基本的には一般のお客さんが投稿しているので、公式サイトに比べて信憑性の高い口コミが多いです。

友達や家族など、身近な人に除毛クリームを使っている人がいたら意見を聞いてみるのもよいです。人気ランキングなども参考にしてみましょう。

除毛クリームのメリットとデメリットは

除毛クリームのメリットは手軽さと費用

除毛クリームのよいところは、即効性があるので、その場ですぐに毛をなくせることです。処理にかかる時間も短時間なので、急なイベントのときにも対応しやすいです。

また、市販されている高いものでも3,000円ほどなので、サロンやクリニックに通うよりも経済的だという点も見逃せないでしょう。

除毛クリームの一番のデメリットは脱毛できないこと

手軽さなどのメリットもある除毛クリームですが、肝心の効果の点では、「脱毛はできない」という大きなデメリットがつきまといます。

除毛クリームでできるのはあくまで「除毛」なので、毛根の毛を生やす機能を止めることはできません

根元の毛は残るので、かえって黒ずんで見えてしまう場合もあります。

さらに、頻繁に使用する人の場合は、肌へのダメージが蓄積されるので、肌自体も荒れて汚くなってしまいます

脇の自己処理が不安な人はサロンやクリニックへ

脇の自己処理に不安がある人は、サロンかクリニックで脱毛した方がよいでしょう。サロンやクリニックなら、プロが肌の状態を確認しながら施術するので、除毛クリームで自己処理するよりも安心です。

良心的なところは施術後のアフターケアが充実しているところも多く、肌トラブルなどが生じた際にも適切に対応してもらえます。

毛根から処理できるので、自己処理するより効果が長持ちして仕上がりも綺麗です。

サロンは光脱毛が主流で、痛みが少なく、通っている間はツルツルの状態を維持できます。クリニックはレーザー脱毛が主流で、痛みは強めですが永久脱毛の効果が得られます。

場合によっては、プロに任せることも検討してみましょう。

脇脱毛が安いのはミュゼと湘南美容クリニック

除毛クリームを使おうとしている人にとって、脱毛は費用が高額なイメージがありますが、脇脱毛は範囲が狭いこともあり、かなり安価な値段で提供しているサロン・クリニックも多いです。

除毛クリームを使い続けるより、コスパも優れています

サロンの光脱毛ならミュゼプラチナム、クリニックのレーザー脱毛なら湘南美容クリニックが特に安く、お小遣いが限られる学生の利用者も多いです。

勧誘もないので、情報収集のために無料カウンセリングを受けて、契約せずに帰ってくることも可能です。

ミュゼプラチナム

脇とVラインが通い放題の格安プランがあります。満足できるまで何回でも通えるので安心です。

痛みが少なく、肌にやさしいS.S.C.脱毛を採用しているので、痛みが苦手な人でも脱毛できます。

施術後も、プラセンタエキス配合のミルクローションでしっかり肌ケアしてもらえます。

湘南美容外科クリニック

脇脱毛が安く、ランチ代程度の値段で完了まで通えます。ほとんどの院で、痛みが少ない「ウルトラ美肌脱毛」が選べるので、医療脱毛が初めての人も安心です。

「ウルトラ美肌脱毛」は肌治療に使用されているIPLレーザーを使用するので、脇の下の黒ずみを改善する効果も期待できます。産毛にも効果的なので、全身脱毛などにもおすすめです。

まとめ

除毛クリームと脱毛クリームはネーミングが違うだけで、主成分や効果は同じです。毛を溶かす成分が入ったクリームを塗ることで、手軽に除毛できるようになっています。

使い方は4ステップです。

・脇にクリームを塗る。すり込まず、たっぷり塗るのがコツ
・説明書に書かれている放置時間が経つまで待つ
・ティッシュで少し強めの力で拭き取る
よく洗い流す

なお、除毛クリームはタンパク質を溶かす強い成分が入っているので、使うときは注意が必要です。

必ず最初にパッチテストを行い、肌に異常が出ないことを確認してから使いましょう。洗い流したあとの肌の冷却と保湿も、肌トラブルを防ぐために大切です。

また、除毛クリームは一時的な除毛効果だけで、脱毛はできません。肌への負担も大きいので、頻繁に使うと肌荒れなどのトラブルが起こることもあります。

脇の自己処理に不安がある人は、サロンやクリニックで脱毛することも検討してみるとよいです。