「実は乳輪に毛が生えている…」女性でも、乳輪に毛が生えていることに悩む人は案外多いです。

乳輪の脱毛はどこでできるのか、乳輪脱毛の効果と回数はどれくらいかかるのか、乳輪を脱毛するメリットとデメリットについて説明します。
乳輪脱毛が可能なサロン・クリニックの紹介もしているので、乳輪に生えている毛に悩んでいて、脱毛をしたいと思っている人は参考にしてくださいね。

気になる胸のお手入れ。乳輪の毛は脱毛できる?

脱毛サロンや医療クリニックで脱毛できる

乳輪に生えている毛は、脱毛サロンや医療クリニックで脱毛することができます。しかし気になるのは、皮膚の黒ずみが濃い部分には施術できないと言われることです。

脱毛機の照射は、毛の黒いメラニン色素に反応します。そのため、皮膚の黒ずみが濃い部分に照射をすると、照射の熱が広がり、火傷のリスクが高くなります。色白の人であっても、乳輪部分は濃さの個人差はあっても、色づいています

よって、黒いメラニン色素に反応する脱毛機を導入しているサロンやクリニックでは、乳輪は施術できません。施術できるのは、色素がついていない乳輪周りまでになります。

黒色メラニン色素に依存しない

「それじゃあ、乳輪の毛は脱毛できないのでは…」脱毛サロンやクリニックの脱毛範囲を調べて、がっかりしている人もいるでしょう。

サロンやクリニックの脱毛機には様々な種類があり、黒色のメラニン色素に反応しない脱毛方法を取っているところでなら、乳輪部分にも照射することができます。

黒いメラニン色素に反応する以外の脱毛法として、発毛を促す毛包にあるバルジ領域という組織にダメージを与えて抑毛する方法や毛が生える前の、毛の種をターゲットにする脱毛法があります。

また、毛穴に針を差し込んで電気を流して毛根を破壊するニードル脱毛は、肌の色に関係なく脱毛可能です。

ストラッシュ

ストラッシュはSHR脱毛を採用している脱毛サロン。SHR脱毛は、毛の黒いメラニン色素に反応するのではなく、毛包にある発毛を促すバルジ領域にダメージを与えるという脱毛法です。

毛周期に関係なく施術が受けられ色黒肌でも照射してもらえます。乳輪内部への照射もできます。

リゼクリニック

リゼクリニックでは3種類の脱毛機を採用しています。バルジ領域をターゲットとする脱毛機も導入していますが、脱毛範囲に乳輪は入っていません。公式サイトでも、脱毛範囲は乳輪周りまでと記載されています。

レジーナクリニック

レジーナクリニックは、医療脱毛の全身脱毛が安く受けられるクリニック。メインで使用するレーザー脱毛機はジェントルレーズプロで、毛の黒いメラニン色素に反応します。しかしもう1つ導入している脱毛機ソプラノアイスプラチナムは、毛の黒いメラニン色素をターゲットする脱方法ではないため、乳輪も脱毛可能です。

ディオーネ

ディオーネのハイパースキン脱毛は、3歳の子供でも脱毛ができるというほど痛みがなく肌に負担が少ない脱毛法です。

生える前の毛の種にダメージを与えて抑毛するシステムなので、乳輪周りはもちろん、乳輪の脱毛もできます。

エステティックTBC

エステティックのTBCでは光脱毛とニードル脱毛を採用しています。ニードル脱毛は、針を毛穴に差し込み電流を流して毛根を破壊する脱毛法です。

1本ずつの処理になりますが、色素が強い部位、乳輪も問題なく脱毛が可能です。

乳輪脱毛の効果と回数はどのくらいなのか

乳輪の脱毛効果は個人差がある

乳輪の脱毛は、効果の出方にかなり個人差が出やすい部位です。少ない回数、施術を受けただけでも「効果があった!」という人もいれば、何度も施術を受けているのに「乳輪は中々効果が出ない」という人もいます。

乳輪の色の濃さには個人差があるので、「乳輪の色が濃いから、効果があらわれないのでは?」と思う人もいますが、乳輪脱毛が可能なサロンやクリニックは、黒いメラニン色素に反応する脱毛法ではないため、乳輪の色の濃さは関係ありません

乳輪に生えている毛は、濃かったり、産毛程度だったりと個人差があります。黒いメラニン色素に反応する脱毛法ではないSHR脱毛やハイパースキン脱毛は、産毛の脱毛にも効果が高いと言われています。

しかし抑毛の効果の出方には個人差があり、濃くて強い毛に効果があらわれるのには、回数を重ねる必要があります。

乳輪の脱毛回数

毛の質や毛量によって、脱毛終了までいける回数は個人差があります。乳輪脱毛の目安をお伝えしますが、脱毛サロンでは5~6回、クリニックでは2~3回施術を受けると効果が出始めます。クリニックでは高い出力の脱毛機を使用できるため、脱毛効果が早く出やすいといえます。

サロンでしっかりと処理をするのなら、12回以上は通う必要があります。クリニックでは、5回以上が必要です。早く効果を得たいのなら、クリニックで脱毛するのがおすすめです。脱毛回数も少なくて済み、脱毛終了までいくことができます。

アリシアクリニック

アリシアクリニックで導入している脱毛機は2種類で、痛みが少ないライトシェアデュエットとジェントルレーズプロです。施術範囲に乳輪周りは入っていますが、乳輪への照射はできません乳輪周りでよければ、サロンに通うより高い脱毛効果を得ることができます

乳輪をサロンやクリニックで脱毛するメリット、デメリット

乳輪脱毛をするメリット

乳輪はデリケートな部位なので、サロンやクリニックで脱毛の施術を受けたほうが、衛生的にも肌的にも安心です。なぜなら自己処理を繰り返すことで、肌に負担をかけ、トラブルを起こしてしまう可能性が高くなるからです。

誤った自己処理により肌に負担をかけると、色素沈着や肌荒れの原因になります。気軽にできるカミソリでの自己処理は、ムダ毛と同時に肌表面を削ってしまうことになりますし、毛抜きでの自己処理は毛穴に大きな負担を与えます。

毛穴に負担を与え傷つけてしまうことにより、菌が入り込み、毛嚢炎になってしまうこともあります。また、肌を傷つけることにより乳輪炎を起こしてしまう可能性もあります。

プロによって脱毛をしてもらえば、肌トラブルを起こすことはありません。

乳輪脱毛をするデメリット

バルジ領域をターゲットにした脱毛方法で乳輪を脱毛するデメリットは特にありません。しかしながら、乳輪回りや胸の産毛を毛の黒いメラニン色素に反応する脱毛法で施術を受ける場合は、効果が出にくく、まれに硬毛化してしまうデメリットがあります。

また、ニードル脱毛で脱毛する場合、毛穴のひとつずつに針を刺し、電流を流すため確実に1本ずつの処理ができますが、痛みが非常に強いのがデメリットです。

サロン、クリニックで処理するときの注意点

サロンやクリニックで脱毛の施術を受ける前には、事前の自己処理をしていく必要があります。剃り残しのシェービングサービスがあるサロンやクリニックもありますが、剃り残し部分には照射してもらえないこともあります。せっかく行ったのに照射してもらえないのは残念なので、しっかりと自己処理をして行きましょう。

事前の自己処理については、2日前に行うことを目安にしましょう。電気シェーバーを使うのがおすすめです。

胸の毛は薄い場合が多いため、剃り残しに注意が必要です。特に、見落としやすい胸の下の剃り残しをしないようにしましょう。全体的に産毛が気になる場合には、抑毛ローションを併用するのが良いでしょう。

まとめ

胸の脱毛をする場合、施術範囲は乳輪周りまでで、乳輪内部は施術範囲外のことが多いです。毛の黒いメラニン色素をターゲットにする脱毛法を採用しているところは、色素の強い乳輪の脱毛はできません。

乳輪の脱毛が可能なのは、毛の黒いメラニン色素をターゲットにするのではない脱毛法を採用しているサロンやクリニックです。発毛を促すバルジ領域をターゲットにする脱毛法があります。具体的にはSHR脱毛ハイパースキン脱毛などです。

ひとつずつの毛穴に針を刺し電流を流すニードル脱毛も、乳輪の脱毛ができます

乳輪はデリケートな部位のため、自己処理を繰り返していると肌にダメージを与えてしまいます。乳輪も脱毛可能なサロンやクリニックに通い、ムダ毛の無い美乳を目指しましょう。